インスタ映え間違えなし!台湾行ったら虹のおじいちゃんに会いに行こう!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年10月12日
  • kazuu
台湾虹のおじいちゃん

台湾の有名な観光地といえば九份でお馴染みの「台北」ですが、今回はそこから高鐡(新幹線)で南へ1時間ほどの位置にある「台中」のおすすめスポットをご紹介いたします!

個人的に前々から気になっていた台湾で大人気の『虹のおじいちゃん』が住んでいる村に行ってきました!

台湾/台中(タイチュウ)ってどこ?

台中の夜景

台北、高雄に次ぐ台湾の第3の都市である台中は、都会的な面と歴史的なスポットが楽しめる台湾中部の観光の拠点地にあたります。

また、1年を通して恵まれた天候でゆったりとした時間を過ごせるため、
台湾人が住みたい町NO.1とも言われています!!

充実した商業施設に整った交通機関、寺院や古い建造物が残る歴史的スポットも多く、
少し足を伸ばせば日月潭(リーユエタン)や阿里山(アリサン)など美しい自然景観を見られるのも魅力のひとつ。

『彩虹眷村』世界で1番色鮮やかな『虹の村』をご紹介!

インスタ女子必見です!!

観光客にもじわじわと人気を集めている台中ですが、実は日本の観光ガイドブックにもあまり載ってない台湾の女の子に大人気なホットな観光スポットがあるんです!!!

『彩虹眷村(Rainbow Village)』

虹村の看板

眷村というのは軍人村のことで、この村に住む黄永阜(ホアンヨンフー)さんが突然、
住宅のコンクリートの壁にペンキで絵を描き始め、その独特な色彩や動物がかわいいと、撮影スポットとして大人気に!

その鮮やかさから「彩虹眷村」と名が付き、黄永阜さんは「彩虹爺爺(虹のおじいちゃん)」と親しまれるようになりました。

台中市の再開発計画により取り壊される予定だったこの村を救ったのは虹のおじいちゃんの絵でした。
多くの人がこの彩虹眷村に描かれた絵を残すことを望み、計画は中止されたようです。
美談ですね。

「大家有福気(みんなが幸せでありますように)」
と願い描いた虹のおじいちゃんの思いが伝わったのではないでしょうか。

黄永阜(ホアンヨンフー)愛称:彩虹爺爺(虹のおじいちゃん)

虹のおじいちゃん

1924年生まれ  中国の広東省出身
1949年中国から台湾に移住
2008年退屈で自宅に絵を描き始める
2017年現在、有名人になる

現在93歳の虹のおじいちゃん!!!(2017年)

台湾虹のおじいちゃん

84歳の時に筆とペンキを持ち、絵を描いた理由は退屈だったから!!

些細なきっかけで始めたことがまさかの大人気観光スポットになるとは虹のおじいちゃんも思っていなかったでしょう。
人生なにが起きるか分かりませんね。

壁いっぱいに描かれた絵はまさに芸術

虹村の壁

今まで絵を習ったこともなく完全に虹のおじいちゃんの自己流だそうですが、村に足を踏み入れた瞬間!
色鮮やかな色彩に感動しました!!

壁や地面全体に描かれた人や動物たちは、どれも素朴でかわいいものばかりで、
見れば見るほどその魅力にハマっていきます。

どこを撮ってもインスタ映え間違いなし!

台湾虹のおじいちゃん

お気に入りのスポット探しにこだわり始めたら1時間あっても足りないくらい魅力満載!

虹のおじいちゃんの思い付きの絵も多いので、よく見ると中国のアイドルやブルースリーも存在しています!
是非探してみてください。

縁起が良い!パワースポット!

天生一對

ところどころで見られる文字もいい味を出しています。
「招福」「財運」「百福」縁起を担ぐ言葉も多く運のめぐりが高まること間違いなし!

プロポーズからの結婚式までを表現されている絵はカップルに人気で
地元の方も結婚式の写真用に撮影にくるほどのおすすめスポットです!

天生一對・・・生まれながらの対の者=「運命の人」
我們結婚吧・・・結婚してください!
百年好合・・・生涯一緒に
萬事成功・・・あらゆる成功
工作順利・・・仕事が順調  など

来るだけでハッピーな気持ちになる幸せオーラがいっぱいの素敵な村です。

入場無料
住宅なので早朝、深夜は避けマナーを守って見学してください

虹のおじいちゃんの作品が買える!

虹のおじいちゃんお土産

彩虹眷村を入っていくと、小さな売店があります。

虹のおじいちゃんが描いた絵を基にした様々なオリジナルグッズがズラリと並んでいてどれも可愛いものばかりでした。
人気はポストカード1枚20元(約80円)
マスキングテープ60元(約210円)
Tシャツや傘を持っていたらインパクト大ですね!

私は悩みに悩んで記念にマグネット1コ50元(約200円)を購入しました。

「彩虹冰」というアイスも、隠れた人気商品。(20元→約70円)
マンゴー、クランベリー、ヨーグルト、メロン味のレインボーアイス!
可愛くておいしかったです。

虹のおじいちゃんに会える!?

虹のおじいちゃん

運が良ければこの売店で虹のおじいちゃんに会えるんです!!

残念ながら私は会えませんでしたが、今でもご健在な虹のおじいちゃん!
気さくで、快く記念撮影やサインに応じてくれるようなので会えた方はラッキーですよ!

虹のおじいちゃんが彩るポップで可愛い文化公園!!

台湾虹のおじいちゃん

彩虹眷村の住宅のすぐ隣に小さな公園があります。

滑り台ができる遊具やくるくるまわる器具?もあって楽しかったです。
もちろん虹のおじいちゃんのポップでキュートなデザインがちりばめられているので可愛さ満点です!

彩虹眷村へのアクセス

彩虹眷村行きのバス

住所:台中市春安路56巷

台中駅から鉄道で約10分の新烏日駅下車。
56番バスに乗り換えて約20分の「彩虹眷村(嶺東南路)」下車すぐ。
または台中駅からタクシーで約10分300元(約1050円)

ちなみに台北駅から台中駅まではバス、電車、新幹線など選択肢があります。

高鐵(新幹線) 670元(約2345円)約1時間
自強号(在来線)375元(約1300円)約2時間
高速バス    300元(約1050円)約2時間※渋滞によって3時間かかることも

台湾新幹線

今回私はちょっとリッチに台湾高速鉄道高鐵(新幹線)で台中駅へ向かいました。
切符の購入はMRT台北駅、改札口すぐ外の窓口で購入できます。

「台中」と駅名を伝えたら直近の切符を準備してくれました。
早くて快適に台中駅まで行けるので弾丸旅行には新幹線がおすすめです!

彩虹眷村からの帰りはすぐ近くにバス停もありますが、
最近ではタクシーも何台か止まってますので安心して見学できます。

まとめ

一歩足を踏み入れればハッピーな気持ちになれること間違いなしの
『彩虹眷村(Rainbow Village)』
今もなお、虹のおじいちゃんは毎朝3~4時間作業を続けられているようなので、
訪れるたびに新しいものを発見できるのも楽しみのひとつ!!

台中へ行くならぜひ遊びに行ってみてくださいね!

関連記事

”観光・レジャー”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)