八景島シーパラダイスに出現した巨大釣り堀りUMIFARMを体験したい!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年04月06日
  • yasu
うみファーム

皆さん八景島シーパラダイスはご存知かと思います。
横浜市金沢区にある大型水族館であり、レジャー施設の素晴らしい海のテーマパークですよね、筆者も大好きです。
シーパラダイスにUMIFARM(うみファーム)と言う、体験し楽しみ学べる、素晴らしい場所があるのをご存知でしょうか。
いまから5年前、20周年を迎えた2013年に横浜・八景島シーパラダイスに新しい施設がグランドオープンしたのです。

釣り堀なのですが釣り堀には留まらないくらいの大きなスケールを持った「海育」と呼ぶべき、人が海と触れ合いながら海と共に成長していくことを目的とした、総合的に海を楽しめる場所がUMIFARMなのです。
今回はUMIFARMっていったい何だろう?そこからUMIFARMを学びつつ、楽しむ方法を見ていきたいと思います!!

UMIFARMって?

魚を釣ったり獲ったり出来るのが特徴で、魚は施設内で調理をして食べることが出来ます。 「獲って食べる」その生命を頂く「食育」を体験することで、自らの手で取った魚を調理し食することは、格別な思いを持つのだと思います。

・・・少々堅苦しくなってしまいましたが、海釣りを楽しみながら、釣った魚を食べられるなんて最高ですよね。
そんな海の魚たちと直に触れ合える釣り堀はそうそうないですからね。
入場するとオープンモール前のウッドデッキにエントランスがあって、浮桟橋を渡っていくとガイダンスを受ける場所があります。

ここで「UMIFARM」の注意点や見どころを紹介するビデオを見て、いよいよ施設に入場となります。
自然の海ならではの営みを体験する、学ぶ、獲る、食べることができる「UMIFARM」は楽しいだけではなく、子供のみならず大人をも学びながら成長できる、 まさにUMIFARMは海の上に浮かんだ、自然の海の水族館なのです!!

シーパラダイス巨大釣り堀!!

まずはここ、フィッシングスクエアです。いわゆる釣り堀と言いますか、巨大ないけすなのですが海の魚を釣ることが出来ます。

フィッシングスクエアでの釣りは、釣りざおと餌(オキアミ)、魚をつかむトング、そしてバケツがセットになっていて料金は620円です。
リールなしの竿でアタリが来たら上げますが、いとも簡単に釣れるため、子供たちは気軽に釣り体験を楽しめるでしょう。

釣れる魚は、通年でアジが釣れ、季節ごとの魚も釣ることもできます。季節ごとの魚はマダイ、ギンザケ、イサキ、マサバ、メバルなどですね。
釣り方は実に簡単です!釣り糸を垂らしたら呆気ないほどすぐに釣れてしまいます。
但し釣り過ぎには注意!!食べきれる分だけ釣るというルールなので、持ち帰りはできないのです。

子供と楽しめる魚の手づかみ場!!

ハンティングスクエアは水深10㎝程の砂地の浅瀬のいけす内で、小さなお子さんでも4歳以上ならば参加でき、手づかみで春はギンザケ、夏と秋は貝類とイサキ、冬はクルマエビとギンザケが獲れます。
いけす内で魚獲りで遊んだ後は、足洗い場も完備されていて、足を洗うためのシャワーもあるので安心です。

こちらもフィッシングスクエアと同じく、食べきれるだけを取ります。 手づかみで海の魚が獲れるなんて、新鮮で実に貴重な体験ですよね。

海の中の遊覧船!!

オーシャンラボは海中観覧船などで自然の海に暮らす生物を観察できる場所なのです。
季節ごとの生物を観察できるので、何回か足を運べば季節ごとの海の変化を知ることができると思います。

いわゆる海中観察なのですが、子供たちにとっては探検気分も味わえるでしょうし、海中の生物を観察することの楽しみもあり、きっと喜んでくれること間違いなしと思います。例えばイシダイ、クラゲ、ヒトデ、エイなどの姿を見ることができ、季節によりカニカゴやタコツボ観察などのスペシャルな体験も可能なのです!!

釣った魚は?

釣ったり獲ったりした魚は、1尾190円(アジの場合です。魚により別料金となります。)で下ごしらえをしてくれます。
から揚げにしてもらうなら、その調理は無料です。 また、下ごしらえをした魚をシーパラダイス内にあるレストランで調理してもらうこともできます。

メニューによって追加料金は変わりますが、ムニエルやチーズフライは300円など、けっこうリーズナブルな価格です。
UMIFARMは子供を連れて行くととても喜んでくれると思います。
確実にアジは釣れますし、船酔いもなし、新鮮な魚も食べられますからね。

UMIFARMの注意点

魚獲り(ハンティングスクエア)は濡れる可能性があるので着替えとタオルが必要です。靴は事前に脱いで裸足で入るので大丈夫です。

注意したいのが、釣ったり獲ったりした魚は返品不可なのです。
UMIFARMはその場で食べる事が目的でもある施設なので、食べられる分だけを獲りましょう。
UMIFARM内にある調理場にて、唐揚げか塩焼きが選べます。唐揚げならその場で、塩焼きなら「焼屋」というお店でBBQをしながら食べられます。
アジは一匹190円で調理してくれますが、タイを釣ると一匹1780円での調理となり、コストパフォーマンス的に疑問が付いてしまいますよね。
暑い時期に行く場合は釣ったり獲ったりした魚が、悪くならないように、スタッフからバケツに入れる氷をたくさん用意してもらいましょう。
釣る魚や獲る魚の数や種類、調理代は自ら把握しておいた方が無難です。

UMIFARMは楽しみながら学べる!!

水族館に「獲る」「食べる」を加えた新しいかたち。
「UMIFARM」は、今までしたことのなかった体験がいっぱいつまった、実にワクワクする海の施設と思います。
とにかく魚を釣る・獲るのは面白いし、獲れたての魚は絶品!!
そして獲って食べるという行為は、「いただきます」という言葉が、いろいろな生き物の生命をいただいて自分の生命をつなぐことなのだと実感を与えてくれますね。
UMIFARMは親子で家族で、お子さんがいらっしゃれば、子供の喜ぶこと間違いなしと思います!!
ぜひ、自然の海の水族館へ、出かけて見ませんか!?

八景島シーパラダイスの詳細

関連記事

”観光・レジャー”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)