おすすめの工場見学スポット関東5選!こどもと一緒に休日を楽しみたいパパさん必見!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年03月23日
  • ishimaru

子どもの好奇心を刺激するためにも、大人がリフレッシュするためにも親子でお出かけはやはり必要ですよね。 親子のコミュニケーション不足を感じているお父さま、お母さま、子どもはもちろん自分たち大人も楽しめる人気の工場見学に行ってみるのはいかがでしょう!

今回は関東で大人気の親子で最高に楽しめる工場見学を5つ紹介していきたいと思います! 次回の休日にぜひお子さんと一緒に訪れてみてください!

1.カップヌードルミュージアム

カップヌードルミュージアム

カップヌードルを発明し世界の食文化を改新した、日清食品の創業者・安藤百福(あんどうももふく)1910~2007の功績を伝える記念館です。見て、触って、遊んで、食べて、楽しみながらインスタントラーメンの全てを学べる体験型ミュージアムです。

カップヌードルミュージアム 工場見学

カップヌードルミュージアム

入ってすぐに吹き抜けのエントランス!白い壁に大変明るい館内はクリエイティブシンキングボックス、安藤百福の言葉や思考、行動など6つのキーワードを展示してあるアートは子どもの目線に展示物が配置されておりキッズにとっても配慮された施設です。

カップヌードル施設内

  • チキンラーメンファクトリー
  • マイカップヌードルファクトリー
  • カップヌードルパーク
  • インスタントラーメンヒストリーキューブ
  • 百福シアター
  • 百福の研究小屋

文章だけではわかりにくいですが、カップヌードルに関する歴史やマル秘情報!そして体験型のプログラムまで、豊富なラインナップでたのしさ満点です!

所要時間は約1時間ほどで案内人はいませんのでご自由に好きなペースで見て回ることができます。

カップヌードルミュージアム おすすめの理由

お子さまには
カップヌードルパークでは、巨大な工場の中で子ども自身が麺となって製麺から出荷までの体験ができ、最後に滑り台で下りて来る仕掛けがありとても楽しめます。

大人の楽しみ方
インスタントラーメンヒストリーキューブでは、過去に発売された商品を見れてとても懐かしい思い出に浸ることができます。 過去に発売された商品だけでなく、世界各国で発売されている商品を見ることができてカップ麺好きにはたまらない展示になっております。

カップヌードルミュージアム おみやげ

マイカップヌードルファクトリーで作ったオリジナルカップヌードルを1食300円でエアーパッケージに入れてもらっておみやげにする事ができるのでカップヌードルミュージアムに訪れた際は絶対ゲットしておきたいアイテムです!! 赤い紐のエアパッケージを肩からさげてみなとみらいを歩くのは、とてもお洒落ですね。

カップヌードルミュージアム 横浜 1階は入館チケットがなくてもご利用いただけます。 カップヌードルメッセージメモやノートなどカップヌードルのデザインロゴを使用した物が人気商品を購入する事ができます。

住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
営業日:火曜日 (祝日を除く) は休館日
予約:当日入館してからチケットを購入
※予約券をコンビニで購入しておくとスムーズに入場できます
料金:大人 (大学生以上):500円 高校生以下は無料
問い合わせ:045-345-0918 (受付時間 10:00 〜 18:00 休館日を除く)
駐車場:40台

カップヌードルミュージアム 公式HP

2.マヨテラス キューピー

マヨテラス

1925年にキューピーが日本で初めてマヨネーズの製造、販売をしました。
マヨテラスとは、そんなマヨネーズを様々な情報やトピックを体験しながら見学し、学べる施設です。 キューピーマヨネーズの歴史、美味しさの秘密や、マヨネーズ作りの工夫などを楽しく学べます。

マヨテラス 工場見学

マヨテラス

木の温もりのある巨大なマヨネーズ型のドームに入って楽しむことができます。2014年にオープンした、白とグリーンの部屋の壁が明るくてとても綺麗な施設です。

実物の50万倍のマヨネーズドームは圧巻です。サラダホール、キューピーギャラリー、ファクトリーウォーク、キューピーキッチンでオリジナルのマヨネーズが味わえます。所用時間は90分ほどで、これらの施設をコミュニケーターと呼ばれる案内役の方が詳しく説明してくださいます!

マヨテラス おすすめの理由

お子さまには
なんといってもマヨネーズ450gの約50万倍の大きさのマヨネーズの中に入ることができ、みんな大好きなマヨネーズのおいしさの秘密を学べます。 マヨネーズをかけてあげればお子さんの野菜嫌いも克服できるかもしれません!

大人の楽しみ方
キューピーキッチンでは野菜と相性の良いマヨネーズの新しい美味しさを発見し試食できます! 毎日の献立作りに役立つこと間違いなしです。普段何気なく使っているマヨネーズの新たな発見があるかもしれません!

マヨテラス おみやげ

併設されたキューピーショップのコンセプトは光と緑にあふれたガラス張りの施設です。カフェも併設されておりのんびりと買い物を楽しむことができます。
おすすめは可愛らしいキューピーの柄のジッパーバッグ。他には学校の必需品のクリアファイル、鉛筆などのマヨテラス限定品は手に入れたい品ですね。
マヨテラスはとても人気な工場見学な為、予約が取れにくいですが、取れなかったとしても、キューピーショップに行くことはできますので、カフェをしに行くのも良いかと思います。

住所:〒182-0002 東京都調布市仙川町2-5-7 仙川キユーポート
予約:見学希望月の2か月前から受け付け。完全予約制
料金:無料
問い合わせ:03-5384-7770
駐車場:無し

キューピーマヨテラス 公式HP

3.コカ・コーラ

コカコーラ多摩工場

門外不出のコカコーラの製造方法が学べる!なんて事はさすがにありませんが、歴史や製造過程を楽しく学べます。
日頃当たり前のように飲んでいるジュースや飲み物がどのようにして作られているのかを学べる本当に素晴らしい施設です。 関東エリアではこの多摩工場が唯一のコカーコーラ工場になっています!

コカコーラ 多摩工場見学

コカコーラ多摩工場

エントランスはブランドカラーの赤!これだけでコカコーラの工場見学に来たんだとテンションは上がりまくりです! 展示場ではコカコーラの実際のユニホームを着ることができて、写真撮影も可能です。(工場内不可)
炭酸飲料、コーヒー、お茶、スポーツドリンクが並んでおります。コカコーラの歴史がわかる年表もありとても懐かしいです。そしてDVD鑑賞の後に工場見学となります。所要時間は試飲の時間も入れて60分ほどでまわっていただけます!

コカコーラ おすすめの理由

お子さまには
コカコーラのユニホームを着て写真を撮ればキッズも職業体験みたいでテンションうなぎ登りです!そしてiPadを使ったコカコーラ検定クイズに挑戦すれば楽しく知識も身につきます!

大人には
コカコーラのあのロゴが入った赤い椅子とテーブルに座って瓶のコーラの試飲ができるだけでもかなり楽しいのではないでしょうか!そしてコカコーラのユニフォームに身を包んだお子さんの記念写真が撮れるだけでも行く価値があると思います!! もちろんコカコーラファンにとっては至福の思い出となります。

コカ・コーラ おみやげ

ロゴ入り缶バッジなど、季節や時期などによって変わります。
コカコーラファンには当然うれしいお土産ですが、缶バッジコレクターにもたまらないお土産でしょう。そしてコーラ好きにはたまらない瓶コーラもいただけちゃいます!

住所:東京都東久留米市野火止1-2-9
休館日:土日祝
予約:見学ご希望日の2ヶ月前の同日より先着順に予約受付
料金:無料
問い合わせ:042-471-0463
受付時間 9:00~17:00 毎週月曜日~金曜日/祝日(工場休業日除く)
駐車場:

コカ・コーラ工場見学 公式HP
コカ・コーラ多摩工場 公式HP

4.横浜 崎陽軒

崎陽軒 工場見学

観光地横浜の名物と言っても過言ではない「崎陽軒」の工場は横浜に訪れた際にはぜひ訪問していただきたいスポットです!!
崎陽軒のシュウマイではなく「シウマイ」のうまさの秘密や駅弁の歴史なんかも学べるとっても楽しめる工場です!

崎陽軒 工場見学

崎陽軒 工場見学

崎陽軒の歴史をDVDで鑑賞し、歴代のシウマイ娘の衣装や歴代のひょうちゃんやプレミアムの金のひょうちゃんの展示の鑑賞や実際の工場を見学します。全行程の所要時間は約90分程と長いですがあっという間に終わってしまったと思えるくらい楽しいです!!「駅弁の歴史」「シウマイ弁当のひみつ」も知ることができます。

工場見学で物足りなかった方は、工場できたてあつあつメニューをプチミュージアム(おみやげ屋)での購入もできます。 プチミュージアムショップは昭和レトロを体験できるのでお勧めです。

崎陽軒 おすすめの理由

お子さまには
小麦粉で月餅型抜き体験ができます。作った物をその後ご試食できます。プチミュージアム内の電車の中では椅子に座りながらタッチパネルで遊ぶ事もできます!

大人には
遠方からお越しになられる方は帰りのお土産に最適ですし、昭和の横浜を体験していただけると思います。そしてもちろん地元ハマっ子にとっても昔を思い出せるどこか懐かしい雰囲気が魅力です!

崎陽軒 おみやげ

ヒョウタン型ののしょうゆ入れがいただけます。
そして併設された、プチミュージアムショップは昭和レトロなお土産施設です。 横浜ご当地グッズとしてお土産にするには崎陽軒はぴったりです!

住所:〒224-0044 横浜市都筑区川向町675番1号
開催日:水・木・金・土曜日
※毎月の月末と年末年始を除く
予約:3カ月前の同日から予約受付
料金:無料
問い合わせ:045-472-5890
駐車場:駐車場3台(要予約)

崎陽軒工場見学 公式HP

5.鈴寛かまぼこ

鈴寛かまぼこ 工場見学

2016年にかまぼこ博物館はオープンしました!大変綺麗な純和風な建物で、体験コースに申し込めば出来立てのかまぼこ、ちくわを食べる事ができます!緑に囲まれた風情溢れる施設でぜひ日本の食文化を堪能してください。

鈴寛かまぼこ 工場見学

かまぼこ・ちくわ作り体験の所用時間は90分ですが、こちらの施設は1日いても楽しめるコンテンツが満載です!
1階のかまぼこちくわ作りに加えて、3階には食と科学のプログラムが登場しました。かまぼこの職人の技や、かまぼこの美味しさの秘密や栄養面を科学的に学べます。

かまぼこ板国際コンクールの絵も鑑賞できます。そんな国際コンクールがあったなんて驚きですね。

鈴寛かまぼこ おすすめの理由

お子さまには
実際にかまぼこ・ちくわ作りを体験できるプログラムが用意されています!魚嫌いなお子さんでも自分で作ったものなら喜んで食べてくれて好き嫌いの克服に繋がるだけでなく、食育を楽しみながら学べる大変素晴らしい施設です!
リカちゃんハートやトミカのかまぼこなどの変わり種もあってお子さんが喜んでくれる事間違いなしです。

大人には
鈴なり市場での買い物はまさに本物の市場で買い物をしているかのような体験が出来ます。栄養に関する科学館のようなものもあるのでお子さんの食事に気を使うママさんにも嬉しいコンテンツ盛りだくさんの施設となっています!

鈴寛かまぼこ おみやげ

ご自身で作ったかまぼこや手作りちくわはお土産にする事もできますがやはり熱々で召し上がることがおすすめです! 今まで食べた事のないちくわの食感に出会えます!!
お土産屋ショップも充実しており、本当に何を買って帰るか悩んでしまいます。

私のおすすめはメッセージ入りのかまぼこ!お世話になった人に贈ると絶対喜んでもらえます!!

住所:〒250-0032 神奈川県小田原市風祭245
営業日:体験する内容によって変わってきます。
予約:予約の方優先ですが空があれば当日参加も可能
料金:有料:参加するコースによって変わります。
問い合わせ:0465-22-319
駐車場:52台

鈴寛かまぼこ 公式HP

関連記事

”観光・レジャー”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)