高橋優!おすすめの名曲を徹底紹介!世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だ!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年05月23日
  • Shusa
高橋優

今、思うことを今、歌う。リアルタイム・シンガーソングライター高橋優を知っていますか?実は筆者、10年以上も彼を追いかけ続けてきた生粋の高橋優ファンです!!

今やCMやドラマ、映画主題歌にたくさんの曲が起用され、もはや引っ張りだこ状態の高橋優。2018年には「honey」という映画で、主人公の叔父役に大抜擢され、スクリーンデビューも果たしました。高橋優とはどんな人ぞや?そして、どんな曲を歌うのか?今、注目のアーティスト、高橋優の魅力に迫ってみました!

今回はシングル曲からアルバム曲まで!そして高橋優にまつわる様々なエピソード盛りだくさんで紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!!

高橋優とは?~生い立ちからメジャーデビューまで~

高橋優

1983年12月26日秋田県横手市で父・母・2人の姉の元に高橋家の長男として産まれます。父が民謡歌手をしていた影響もあるのか、産声がとにかく大きかったとの事。産婦人科で、他の赤ちゃんが連られて泣き出してしまう程声が大きかったのだとか。

そして月日は流れ、中学時代は生徒会長を務めました。中学卒業後は湯沢商工高等学校(現在は湯沢翔北高等学校)に進学。
高橋優が生徒会長を務めた山内中学校は平成30年に閉校したので残念ながら聖地巡礼を行う事ができなくなってしまいました。

裏山で開花した高橋優の才能!

民謡歌手である父の影響で高橋少年もやはり歌を歌う事に興味を抱くようになります。夜な夜な家の裏にある山で、ギター片手に歌を歌うように。専ら観客はたぬきやキツネといった動物達。

その後、地元の秋田を離れ、札幌学院大学人文学部に進学。狸小路にある「さとう」という洋品店の前でストリートライブを始めます。(これまた残念ながらさとうは平成30年に閉店だそうです。)

高橋優の才能を発掘した大手プロダクションアミューズ!

高橋優は無類の映画好きで、大学を卒業後、映画館で2年間マネージャーのアルバイトを経験。そのまま映画館で就職しないかとの提案もあった矢先、2007年札幌のライブハウスで歌っていたところを、ポルノグラフィティ、福山雅治等が数多くの人気アーティストが所属する大手芸能プロダクション『アミューズ』の山口雄一氏にスカウトされるという彼にとって大きな転機が訪れます。

そして2008年に上京。 アミューズに所属後、2010年7月21日にワーナーミュージックジャパンから「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。大好物はスイカとずっと断言していましたが、とあるツアーで馬刺しの魅力に取り付かれ、それからは、馬刺しとスイカが大好物に。

高橋優の曲~元気の出る7曲~

高橋優と言えば元気を貰える曲が多い印象。筆者が特にお勧めの曲を7曲選りすぐりしてみました!元気になりたい時、あなたの心にそっと寄り添ってくれるそんなナンバーの紹介です。

素晴らしき日常

素晴らしき日常

『素晴らしき日常』2010年7月21日リリース

高橋優の原点とも言える、記念すべきメジャーデビュー曲です。筆者が高橋優のファンとなるきっかけとなった楽曲。高橋優、メジャーデビュー後の第一弾アルバム、「リアルタイムシンガーソングライター」に収録されています。

運命の出会い

筆者はメジャーデビュー当時から高橋優を追い掛けていますが、三宅祐司さんのラジオで初めてこの曲を聴いた時、体中に電流が走ったような衝撃を受けました。
「魂で歌う人を見付けた!」と思い、急いで近所のCDショップに走り、CDを買い求めたのを昨日の事のように覚えています。

音楽の格好良さもさる事ながら、歌詞の一部分が素晴らしい!とかではなくもう最初から最後まで、歌詞の全てが素晴らしい!これが本当にメジャーデビュー曲なのかと言う位、完成度の高い曲です。

思わず武道館で・・

大盛況を収めた日本武道館ライブでこの曲のイントロが流れた時、筆者はあまりの感動で「キャー」と声を挙げて、堪えていた涙が一気に溢れ出てきました。やはりファンになったきっかけをくれた曲なので、一番筆者の中で思い入れが強い曲です。

この曲の良さはただ本当に聴いてみてほしい!そこからです!MVもすごく格好いいので必見です。

福笑い

福笑い

『福笑い』2011年2月23日リリース

高橋優を知らない人でも、この曲は聴いた事ある!という方も多いかもしれません。実はこの曲はメジャーデビュー曲「素晴らしき日常」をリリースする前の2010年4月に東京メトロのCMソングとして大抜擢された曲なのです。

即興で生まれた名曲

この曲は高橋優が即興で作った曲です。ラジオの公開収録中に収録を見ていた人からお題を貰い、そのまま曲作り。即興で作ったものと、シングルとして発売された完成形の曲は少し違う部分もありますが、即興でこんなに完成度の高い曲を作れる高橋優の才能は本当に素晴らしいとしか言いようがない!

「福笑い」のここに注目!!

筆者が好きな歌詞の部分はここ。「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う 笑う顔に訪れる何かを愚直に信じて生きていいと思う」この「愚直に信じて」という歌詞が筆者は非常に大好きでたまりません。

そして歌詞にメッセージ性の強い、高橋優ならではの表現だな、と強く思います。ライブでも彼が本当に力を込めて歌う箇所でもあるので、注目して聴いてほしい部分となっています。

そして知っている人は知っているミニ情報なのですが、高橋優の作る曲には必ず「笑」という歌詞がどこかしらで使われています。そんな高橋優だから作れた曲だと筆者は強く思います。

現実という名の怪物と戦う者たち

福笑い

『現実という名の怪物と戦う者たち』2011年2月23日リリース

少年ジャンプで異例のヒットを飛ばしたアニメ「バクマン。」のエンディングテーマに使われた曲です。ライブでやるとすごく盛り上がる、アップテンポな曲調の歌となっています。

高橋優の曲はとにかくそのダイレクトな胸に突き刺さるような歌詞が、本当に魅力的。

注目部分は??

筆者が一番好きな部分はここです。「失ったもの指折り数えたその後で 今ある希望とこれから手にする光を数えてみるんだ」すごくいいと思いませんか?

高橋優の歌はいつも未来の事を見据えている。マイナスの後にいつもプラスの要素がくるんです。

現実と闘う全ての人へ

「顔の見えない現実が 時に怪物のように 僕らの志を潰そうと押し寄せてくるけれど」サラリーマンでも、OLでも、学生でも、主婦でも、ニートでも、例え引きこもりであっても、私達は皆いつも現実という名の怪物と戦う者たちなんです。

それぞれがそれぞれの現実と葛藤し、悩みながら進んでいく。高橋優は私達の気持ちの代弁者だなと、しみじみそう思います。

毎日苦しいな、消えたいな、もういっそこの世界から消えてしまいたい、そう思っている人はこの日本中にたくさんいると思います。でも、人間は一人じゃないんです。綺麗事ではなく。

「独りじゃ辿り着けない場所に 僕らは今きっと赴いている途中」今、独りでも明日は判り合える人に出会えるかもしれない。それは明後日かもしれない、明明後日かもしれない、一年後かもしれない、もっと遠い未来かもしれない。

でも生きてさえいれば、一緒に明日を探してくれる人に必ず出会える。筆者は本当に絶望のさ中にいた時、そんな勇気をこの歌から貰いました。

今、悩み迷っている人に本当に聴いてほしい曲となっています。

陽はまた昇る

陽はまた昇る

『陽はまた昇る』2012年8月8日リリース

映画「桐島、部活やめるってよ」のエンディング曲です。この映画の主人公を演じた神木隆之介さんがMVに出演した事でも話題になりました。

それまで高橋優の存在を全く知らなかった筆者の友人が、この曲を聴いて高橋優ファンになってくれたというとても個人的なエピソードがこの曲にあります。

グッとくる名曲

「選ばれし才能もお金も地位も名誉も 持っていたっていなくたって同じ空の下 愛しき人よほら見渡してみて 尊い今というときを 陽はまた昇るさ」ここが筆者の大好きな部分です。

「陽はまた昇るさ」の時に高橋優がすごく力を込めて歌うので、そこが強烈に胸にぐっと来ます。

高橋優は天才であり秀才!

「桐島、部活やめるってよ」はスクールカーストの事を巧みに描いている映画で、この曲はこの映画の為に高橋優が書き下ろした曲です。歌詞の内容が映画と驚くほど合っているところが魅力的。

筆者はエンディングのこの歌が聴きたいが為にこの映画を観ました!!

この人は歌詞のチョイスが非常に上手でなおかつ頭が物凄くいいいのだろうな、と思わされます。「陽はまた昇る」聴いてみて下さい!本当に素晴らしい曲です。

虹 高橋優

『虹』2017年7月26日リリース

2017年「熱闘甲子園」の番組のテーマ曲として高橋優が書き下ろした楽曲です。高橋優はこの楽曲作りのために、毎日高校野球観戦をし、この曲を作り上げました。

筆者は初めてこの曲を聴いた時、特に2番の歌詞が自分の事を歌っているかのように感じました。

野球と人生は一緒

「破れ 欠けて 元の形がわかんなくなるほど 欠けて スレて 少し前の僕だったらここらで諦めてたな 適当に言い逃れ‘まあこれで十分だろ 自分らしいや’と」この部分です。

この歌詞に共感した人は多いのではないのでしょうか?でもその後に「無様をさらしても 間違えてばかりでも 負けるわけにはいかない 勝ち続けなきゃいけない ‘やめちまえばいい’‘諦めろ’と囁く自分に」と続きます。

ここで筆者はすごく感動して涙が溢れました。高橋優の歌は本当に深いです。野球の事をきっかけに、人生の事を歌っている。

ぜひライブで

「その手をかざせば 夢に届きそうだ 奇跡を待ちはしないよ それを起こしに行くんだろう」ライブでこの部分の歌詞の時、皆が右手を挙げていたのですがその右手が本当に本当にもう、今憧れている夢に届きそうで、物凄く感動したのを今でも筆者は鮮明に覚えています。

そして夢や目標を叶えるという奇跡は待っていては来ない。自分を奮い立たせてその奇跡を起こしに行くのです。

この曲はCDで聴くのもいいいですが、ライブで聴く事を本当にお勧めします。ライブならではの一体感を感じられる1曲です。

駱駝

駱駝

『駱駝』2009年5月13日リリース

高橋優のインディーズ時代のアルバム「僕らの平成ロックンロール」に収録されているアルバム曲です。高橋優ファンなら誰しもが知っている隠れた名曲です。

衝撃を受けた歌詞

「子供みたいに笑えるかい?」この曲はこんなフレーズから始まります。筆者はこの曲を初めて聴いた時その出だしの歌詞に衝撃を受けました。出だしから思わず涙するほど。不意打ちというか、この出だしの歌詞は本当に高橋優らしさが溢れています。

怒鳴られたストリート時代

「大人はバカだから」「世間体なんてカスだから」「教科書全部破こうぜ」この歌詞だけ聴いたら何?ただの反抗期?みたいに思うかもしれません。

でも「僕らは笑おうぜ 僕らは笑おうぜ」という歌詞に、はっとさせられます。「今、自分つまらない大人になっていないかな・・?」と。

高橋優はよくストリートライブをしていた時こんな内容の歌を歌っては、サラリーマンから「何を歌ってんだよ!バカ!」みたいな事を散々言われてきたそうです。でもこれは子供心を忘れてしまった大人への応援歌だと筆者はそう思います。

この歌もとにかく歌詞がいい。高橋優の歌詞センスは抜群です。「駱駝」聴いてみて下さい。忘れていた大切な感情を思い出させてくれる究極の1曲です。

明日はきっといい日になる

明日はきっといい日になる

『明日はきっといい日になる』2015年6月10日リリース

車のCMソングとして使われていた楽曲。1度は耳にした事のある人も多いのではないでしょうか?「オモクリ監督」という番組内で高橋優がこの曲のMVを監督する事になり、MV内には出演者である、千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとりが登場する場面もあります。

高橋優自身もMVにちらっと出演しているので注目して探してみて下さい。

1度聴いたら離れないフレーズ

「明日はきっといい日になる~♪」というフレーズが何度も繰り返されるこの曲。本当に聴いていると元気が出ます。

サビ以外の部分の1番の歌詞「くたびれた顔で 電車の中揺られてる人を見た」から始まる部分や2番の歌詞「大好きな人と 会えなくなったその日から」の部分などはあるあるネタというか、高橋優らしさが凄く滲み出ている歌詞だと思います。

筆者のお勧め注目ポイント!

「まあいっかと割り切れなければ とっておきの笑い話にしよう」の後の「そうさ~♪」の部分で高橋優が比較的カメラ目線になるところが筆者は大好きなんです。

この曲を聴いていると今日はあんまりいい事なかったけど明日はきっといい事あるかな!と自然とそう思えてきてしまうので、元気になりたい時本当にお勧めの1曲です。

高橋優の曲~切ない7曲~

元気がほしい時もあれば、切なく涙したい時もありますよね。そんな時に聴きたい曲を7曲ピックアップしてみました。

8月6日

素晴らしき日常

『8月6日』2010年7月21日リリース

素晴らしき日常のカップリングとして収録されているこの曲、本当に名曲です。8月6日は広島に原爆が投下された日なので、筆者は戦争の事を歌った楽曲なのかな?と聴く前は思っていました。でもこの8月6日は原爆とは関係ない究極のラブソングでした。

8月6日を別の視点で

高橋優、彼自身も8月6日という日が原爆投下の日である事に曲作りをしている最中に気付いたそうです。でもそこで、歌詞を8月5日にしてしまったら何だか違う気がする。

例えば今日が記念日の人や誕生日の人、また事故にあった日の人もいるかもしれない。

新しい視点で8月6日を見る事ができたら、それも捨てたもんじゃない。何でもない日も特別な日になりうる。その願いも込められています。と後にインタビューで高橋優自身が語っています。

究極のラブソング

この曲は本当に泣けるラブソングです。8月6日という日を起点に、1年をかけて恋が動いていく、まるで日記のような楽曲となっています。

詩がとてもいいので、1度と言わず何度でも聴いてほしい、究極の純愛ラブソング!泣けます。

結婚式に使える曲としてもお勧めです。

靴紐

リアルタイムシンガーソングライター

『靴紐』2011年4月20日リリース

2011年4月20日にリリースされた「リアルタイムシンガーソングライター」の中のアルバム曲です。旋律が非常に綺麗な曲。筆者が本当に愛してやまない曲です。

美しい歌

最初聴いた時には涙が止まりませんでした。筆者が好きな高橋優の曲でベスト3に入るほどの名曲だと思います。

まず、メロディーが本当にイントロから好きなのですが、歌詞がいい意味で心にぐさりぐさりと刺さります。

実らなかった恋の歌なのですが、恋愛と靴紐の意味が歌詞の中で上手く組み合わさっているので、本当にそこは上手い!としか言いようがない美しい歌です。

歌詞のお勧め部分

筆者が好きな部分はここ。「選んだ道は正しいかな 間違ってばかりいるのかな 落としたものも数え切れないな 愛とか夢だけじゃ生きられないんだな」ここの歌詞で大号泣してしまいます。

靴紐は本当にメロディーも歌詞も綺麗な曲なので、アルバム収録曲ですが、ぜひぜひ聴いてほしい1曲となっています。

メロディ

リアルタイムシンガーソングライター

『メロディ』2011年4月20日リリース

2011年4月20日にリリースされたアルバム「リアルタイムシンガーソングライター」の中の1曲です。高橋優がメジャーデビューする10年位前に作った曲だそうなのですが、歌詞が切なすぎる歌となっています。

温めていた名曲

失恋の歌なのですが、この曲を捧げる相手となった人は本当に幸せだな・・と思います。しかもずっと温めていた曲だけあって、彼にとってすごく思い入れのある曲なんだろうなと感じます。

歌の上手さに酔いしれる1曲

「忘れないでいて このメロディは 君に奏でた想い 君に捧げたメロディ」という歌詞で終わるのですが、アコースティックの弦の歪みとこの切ない歌詞が非常にマッチしていて涙をそそります。

シングルではありませんが、高橋優の歌の上手さに聴き惚れる1曲となっています。

少年であれ

リアルタイムシンガーソングライター

『少年であれ』2011年4月20日リリース

高橋優が唯一、ライブでもギターを持たず歌う曲です。本当に素晴らしい歌なので、高橋優を知っている人も知らない人も一度は聴いてほしい1曲となっています。

ギリギリの状態の人へ

ライブで筆者が初めて聴いた時、その歌声に鳥肌が立って、思わず嗚咽が漏れるくらい泣いてしまいました。

「分からない悩みならば 分からなくて別にいい 急がば回れ 知ったかぶりするな 誰しも未完の賜(たまもの)」その後に「生まれてきた意味ならば 後付でも素晴らしい」という歌詞があるのですが、高橋優の言葉のチョイスは本当に素晴らしいなと思わせてくれる名曲です。

今、学校や職場、色々なところで悩みを抱えている人がいると思います。

今、ギリギリの状態にある人に本当に聴いてほしい1曲です。ギリギリのさ中でもこんな希望もあったのだなと思わせてくれる高橋優の名曲の1つとなっています。

卒業

卒業 高橋優

『卒業』2012年1月18日リリース

高橋優が東北大震災をきっかけに作った1曲です。高橋優は東北の震災が起きてから何度も現地に足を運び、ライブハウス等で歌を歌っています。

「愛する人よ どうか 顔上げてくれないか?」こんな優しい言葉からこの歌は始まります。

震災を経験して

実際に東北で被災した高橋優ファンの人が、この卒業を聴いて、「まだまだ過去から卒業という気分にはなれないけれど、この曲を聴いて勇気を貰った」と涙ながらに話していたのをテレビで観た事を筆者は覚えています。

「涙は枯れ果てた 望みも絶たれちまった それでも尚生きている今日という日を どんな風に受け取ろう」その後に「とき隔ていつの日か笑い合えたらいいな どんな苦悩さえもあって良かったと 讃え合える日が来ればいいな」という歌詞が続きます。

今、震災の傷で悩む人へ

震災を経験した人の悲しみは計り知れないと思います。大切な方を亡くされた方の悲しみは底知れぬ苦しみや悲しみがあるでしょう。

まだまだ日本は復興とは遠い場所にいると、そう思います。どんな励ましの言葉より、時間が一番の薬なのかもしれません。

でも、その過ぎて行く時間と共に、そこに手を差し伸べてくれるような優しい歌があったらどんなにいい事か。

今、現在震災の傷と戦う人へ。この曲を1度でいいので聴いてみて下さい。

過去から卒業とはいかなくても、ここにこんな優しい歌があるという事を覚えておいてほしいです。歌の力は人間が思っているよりずっとずっと偉大です。

迷い悩んだ時は、この卒業を聴いてみてほしいです。

運命の人

さくらのうた

『運命の人』2016年3月9日リリース

シングル「さくらのうた」のカップリング曲です。好きな人が友達の恋人で、その彼女は恋人に振られてしまったけれど・・という内容の楽曲です。詩が物凄く切ないです。

高橋優の歌として紹介されているのを、筆者はあまり見た事がありませんが、初めて聴いた時から、本当に大好きな1曲です。

切ない歌詞

「愛しても愛しても届かぬまんまの想い 友達に戻ろうねと言われた君の背中を見ていた」その後に「愛しても愛しても届かぬまんまの想い 友達でいなきゃいけない苦しみなら僕もよく知ってるよ」という切ない歌詞が非常に心に響きます。

自身の経験を基にして

高橋優、彼自身が好きな人の恋のキューピッド役を担ってしまう事が多いらしく、その経験から作られた1曲となっています。

女性である筆者でもこの歌詞に共感できる部分がすごくあったので、同じような経験をした男性なら尚、心に響く楽曲なのではないでしょうか。疾走感溢れるサウンドと共に歌詞が流れていくのでそれが更に切なさを引き立てる歌です。

君の背景

来し方行く末

『君の背景』2016年11月16日リリース

2016年11月16日にリリースされたアルバム「来し方行く末」の収録曲の1曲です。アルバム収録曲ですが、筆者が大好きで思い入れのある曲なので、ぜひ今回紹介したい1曲です。

恋人同士の何気ない日常を歌った曲なのですが、歌詞が本当に一つ一つ素晴らしい。

高橋優のアルバムは名曲揃い

「抱きしめあえば君が背にした背景を見渡せる その反対側を君も見てたら360℃の世界 二人で見渡せる世界」この歌詞が本当に素晴らしい描写だなと感じました。

高橋優でなければ描けない世界観なのではないだろうか、と思うくらい筆者が最も好きなフレーズです。コアなファンの方は、この曲大好き!という方が非常に多いです。

高橋優のシングルもいい曲はたくさんありますが、アルバ収録曲もかなりいいものばかりなので、高橋優を聴いた事がない人はアルバムもぜひ聴いてほしい!と筆者は切に思います。

高橋優の曲~気分を上げたい時の4曲~

どうしても気分が上がらない時は人間誰しもあると思います。そんな時にぜひ聴いてほしいお勧めの4曲を紹介したいと思います。気分が上がる事間違いなしです!

(Where’s)The SILENT MAJORITY?

(Where's)The SILENT MAJORITY?

『(Where’s)The SILENT MAJORITY?』2013年4月10日リリース

テレビドラマ「みんな!エスパーだよ!」のオープニングとして使われていた曲です。ライブでやると本当に盛り上がって、ライブ会場にいるお客さんが一体となれる気分が上がる1曲です。BLAHMANがアレンジ&演奏に参加している事でも話題になりました。

沈黙をぶっ壊そう!!

この曲の歌詞にも登場する一節「沈黙をぶっ壊してやろうぜ」というフレーズが何とも印象的。その年のライブハウス&ホールツアーのタイトルはライブハウス編が「BREAK YOUR SILENCE」ホールツアー編が「BREAK OUR SILENCE」でした。

筆者もホールツアー編の渋谷公会堂に一ファンとして参戦しましたが、ああ、高橋優という人は、本当にいい意味で今までの音楽シーンを壊してくれる人なんじゃないか、と思わせてくれる熱狂的なライブだった事を鮮明に覚えています。

その後、高橋優は自身初となる日本武道館ライブ「YOU CAN BREAK MY SILENCE」を開催。その時も「一緒に沈黙を壊してくれるかー!武道館ー!!」と叫んでいたのがとても印象的でした。

平和とみなされている日本だけれど

声を上げない事が美徳とされているような現代で、平和とみなされている日本で、歌詞にも登場するように日本人の自殺率は戦争で亡くなられた方の人数より多いのです。

「全然平和なんかじゃない!もっと声を挙げていこう!」と背中を押してくれるような1曲で、ああ、この人は本当にリアルタイム・シンガーソングライターなのだな、と高橋優という人間を再確認させてくれる楽曲となっています。

BE RIGHT

今そこにある明滅と群生

『BE RIGHT』2014年8月6日リリース

アルバム「今そこにある明滅と群生」に収録されている1曲です。まるで早口言葉のような感じで歌われるこの曲ですが、一つ一つの歌詞が本当にぐさりぐさりと心に来る1曲となっています。

ライブでこの曲がかかると(Where’s)The SILENT MAJORITY?同様、非常に盛り上がります。

面白い歌詞

「君の瞳は今何を見てるかい? 悲しいムードがまだそこにあるのかい? のしかかってくる何かで不幸せ キープしてるより手を伸ばせ そのドアノブをガチャっと さあ」言葉遊びのような歌詞にアップテンポの曲調で非常に元気になれる歌となっています。

ライブで聴きたい1曲

「そのドアノブをガチャっと さあ」の時にドアノブを開ける仕草をするのがライブでのお約束。

CDで聴くのもいいですが、ライブでこの曲を聴くと本当に元気になれるので、高橋優のライブに行った事のない人は、ぜひ1度行ってみて下さい。

ライブならではの一体感と高橋優って本当歌上手いな!と感じさせてくれる1曲です。

クラクション

さくらのうた

『クラクション』2016年3月9日リリース

テレビドラマ「悪党たちは千里を走る」の主題歌として使われた楽曲です。とてもスピード感溢れる曲で、イントロからとても格好いい仕上がりの曲となっています。シングル「さくらのうた」のカップリング曲として収録されています。

胸を打つ歌詞

筆者の好きな歌詞の部分はここ。「さっきのニュースの被害者と加害者を 強者と弱者なんかで括りたくはない 間違ってる間違ってる戦争を 正義と悪なんかで括りたくない」その後に「さっきはゴメンの一言とありがとう ただそれだけを言えたら良かったのに 今日は一体何人の想いが この街に鳴り響く事ができたんだろう?」という歌詞が続きます。

唯一無二のアーティスト

いい意味で高橋優らしさ全開の歌だなと思います。世の中を風刺したような歌詞の中に優しさと温かさが同居している。

今、こういう歌詞を描けるアーティストはなかなかいないと思わせてくれる1曲です。

こどものうた

こどものうた

『こどものうた』2009年5月13日リリース

高橋優のインデーィズ時代のシングルです。当時のシングルCDは今や幻のCDとなり、入手困難となっていますが、アルバム「僕らの平成ロックンロール」の中に収録されています。

衝撃の歌詞

この歌を聴いた時、筆者は本当に衝撃を受けました。

何せ「チラリとのぞくパンツの色が気になって仕方ない」という歌詞から歌が始まるのです。セクハラや幼児虐待の事を歌った歌なのですが、今の混沌とした時代を生き抜く中学生や高校生に、勿論、大人もですがぜひ聴いてほしい1曲となっています。

少年・少女への応援歌

テーマは重い深い内容の歌ですが、ライブでこちらも非常に盛り上がる歌です。アップテンポな曲なのに、その歌詞を聴くと非常に泣けます。

絶望の平成の時代を生き抜く、まさに「こどものうた」というだけに少年や少女への応援歌のような楽曲となっています。

MVではアコースティックギターを掻き鳴らして手から血が滴り落ちる程に(実際に最後、手から血が出ています)熱を込めて歌う高橋優の姿が本当に格好いいです。

この歌なしで高橋優は語れないと言っても過言でないほど、名曲です。

高橋優の曲~ちょっと疲れた人への2曲~

ああ、毎日に疲れてしまった・・という時に聴きたいお勧めの2曲です。対照的な2曲ですが、どちらも聴いて損はない楽曲となっています。

ボーリング

僕らの平成ロックンロール2

『ボーリング』2016年12月26日リリース

アルバム「僕らの平成ロックンロール2」に収録されている楽曲です。「あぁ、面倒臭ぇ!」というこれもまた衝撃の歌詞から歌が始まります。全ての事が面倒臭くて嫌になってしまった人にぜひ聴いてほしい1曲となっています。

高橋優があなたの気持ちを代弁してくれているような、そんな気持ちになる歌です。

独特の歌詞に注目!

面倒臭くてもう会社も学校も家事も全部投げ出してしまいたい時って誰にでもあると思います。そんな時ぜひこの歌を聴いてみて下さい。ああ、面倒臭くていいんだ、心すっからかんにしてもいいんだと、聴き終わった後に不意打ちで元気な気持ちになれるそんな1曲です。

ぜひたくさんの人に聴いてほしいお勧めの曲となっています。

歌詞が独特の世界観を持っているので、そこも注目してみて下さい。

リーマンズロック

笑う約束

『リーマンズロック』2015年7月22日リリース

ファン投票で選ばれた一曲。高橋優のベストアルバム「笑う約束」でファン投票で最後の1曲として選ばれた曲です。それまではCD音源化されていなかった、ファン待望の楽曲となっています。非常に力強く勇気をくれる歌です。

ボーリングとは少し対照的な歌ですが、仕事や学校、毎日を頑張る人への応援歌となっています。

働く人への応援歌

「大した事ないさ何もかも順風満帆だ これくらいがどうしたと生きていけ」という歌詞が印象的。

「今日も会社に行こう 生きていくお金の為に 会社に行こう生きている証を刻む為ために」という歌詞があるのですが、今、ブラック企業という言葉がもはや流行のように聞く現代。それをある種良い意味で皮肉っている歌でもあるのかな、と筆者はそう解釈しています。

「生きていけ」に励まされる!

最後の力強いフレーズ「生きていけ」という歌詞が、例え過酷な仕事に追われる毎日でもそこから逃げる手段もある、生きていく事はやめてはいけないと、本当に大切な事を歌っている曲だと筆者はそう感じながらこの曲を聴く時があります。

仕事を頑張る全ての人にぜひ聴いてほしい1曲です。

高橋優とは?~その他の活動とミニミニ知識~

高橋優

高橋優という人間をもっと知る為の、上記では書ききれなかったエピソードを集めてみました。高橋優をよく知らない人にぜひ読んでほしいエピソードを紹介していきます!

高橋優のカバー曲

高橋優は色々な歌手の歌をカバーしたりもしていて

  • 「ファイト!」「空と君のあいだに」中島みゆき
  • 「初恋」村下孝蔵
  • 「いちご白書をもう一度」ばんばひろふみ
  • 「深夜高速」フラワーカンパニーズetc..

筆者がお勧めなのは「ファイト!」のカバーです。中島みゆきさん本人が歌う「ファイト!」も素晴らしいですが、高橋優が歌うこの歌も非常に素晴らしいので、1度聴いてみて下さい。

高橋優の楽曲提供

また、高橋優は他のアーティストに楽曲を提供したりもしていて、一緒にラジオ、オールナイトニッポンでパーソナリティーを務める大倉忠義さんが所属する関ジャニ∞に「象」という楽曲を提供しています。

非常に格好いいナンバーなので、ぜひ聴いてみる事をお勧めします。

他にもチームしゃちほこ、公私共に仲の良い女優の大竹しのぶさんなどにも楽曲提供しています。

高橋優は匂いフェチ!?

全然話は変わりますが、高橋優は匂いフェチなんだそうです。

洋菓子より和菓子が好きで、最中の匂いをずーっと嗅いでいるのが好きなんだとか。面白いですね。ファンの間では結構有名な話なのです。

ラジオ、オールナイトニッポン「大倉くんと高橋くん」ではよだれの匂いの話もしていました。でも自分の匂いを嗅がれるのは好きではないそうです。

女性に関しての匂いの話は入手できなかったのですが、やはり匂いフェチなだけにいい匂いのする女性は好きなのではないかと思います。

高橋優にもてたいなら!香水やコロンなどでいい匂いをさせましょう!マニアックな所があるので逆に汗臭いぐらいが良かったりするかもしれませんが!!

あきた音楽大使としての活躍

また、高橋優は自身の故郷である秋田を盛り上げる為、「あきた音楽大使」に任命されたのをきっかけに、2017年から自身が主催する「秋田CARAVAN MUSIC FES」という野外音楽フェスを開催。

2016年は横手市、2017年は由利本荘市で開催。

そして3回目となる2018年度は仙北市で9月に開催される事が決定しています。高橋優以外にも様々な豪華アーティストが登場するので、老若男女楽しめる音楽フェスとなっています。

高橋優に関わる人やその功績

そんな高橋優のプロデューサーはあの有名な箭内道彦さん。高橋優のMVの中には箭内さんが監督したものも多数あります。

また、音楽プロデューサーの亀田誠治さんと「メガネツインズ」というユニットを組んでおり、シングルCDのカップリング曲にメガネツインズの楽曲が収録される事も。

世界が認めた高橋優の歌詞!

2011年2月26月にアメリカのNYの中心部でストリートライブを行い、その模様をUstreamで全世界に配信しました。

これに先立って、同月17日付のNYタイムズ紙に「I think the universal language of the world is not English but a smile」という「福笑い」の歌詞の一部を英訳した、意見広告を掲載。

NYタイムズ紙に意見広告を掲載したのは日本人アーティストでオノ・ヨーコさん以来2人目なんだとか。素晴らしい功績ですね。

ファン待望のファンクラブ

2014年11月1日にファン待望のFC「U are not alone」を発足。
筆者はずっと、ファンクラブが出来るのを切に待っていたので、このニュースは本当に個人的に嬉しいニュースでした。

ちなみにこのFC名は高橋優自身が考えたものであり、「あなたは一人じゃない」という意味です。

特典としては、会報誌(年3回)サプライズプレゼント(年1回)の発行、LIVE・イベントへのチケットを先行受付(抽選)、FC会員限定ライブ・イベントへの参加(抽選)などがあります。

その他ではFC会員限定サイトの閲覧等々などもありますので、これからFCに入ろうかと思っている人は要チェックです!

U are not alone

  • 【初年度年会費】5400円(税込)
    年会費 4,000円(税別)+入会金 1,000円(税別)+税 400円
  • 翌年からは年会費の4000円(税抜)のみ

まとめ

以上、リアルタイム・シンガーソングライター、高橋優について豆知識も含め、書かせてもらいましたが、如何でしたでしょうか?

もっともっと紹介したいたくさんの曲があり、高橋優の作る音楽は本当に名曲揃いなので、本当にもっとたくさんの人に是非とも聴いてもらいたいです。

そして、高橋優という人間を一人でも多くの人に知ってもらいたい。

最初の方にも書いた通り、筆者はメジャーデビュー当時からの高橋優ファンなので、最初は小さなライブハウスで音楽をやっていた彼が、音楽の聖地と呼ばれる日本武道館でのライブを成功させ、その後もどんどん活躍する姿をひたすら見続けてきました。

大好きなアーティストが、手の届きそうな距離にいた高橋優という人間が、段々遠くに行ってしまう感覚は切なくもあり、感慨深い事ですが、ファンとして本当に喜ぶべき事だと筆者はそう思うのです。

高橋優が歌い続ける限り、ずっとずっと応援し続け、彼の走っていく背中をファンとして見続けたいものです。今後の高橋優、どんな活躍を見せてくれるのか目が離せません!

今、思う事を今、歌う。リアルタイム・シンガーソングライター、高橋優の今後の動向にも注目です!!

  

関連記事

”音楽”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)