岡崎体育の経歴!!ファンをお財布と呼ぶその真相とは!?曲や人物像も徹底紹介!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2019年04月02日
  • Shusa
岡崎体育分身

皆さん、岡崎体育というアーティストをご存知ですか?2016年、アーティストのプロモーションビデオのあるあるを集めた「MUSIC VIDEO」という曲のミュージックビデオで(ややこしい!)世の中の音楽ファンをざわつかせた、今、要注目の若手アーティストです。

自らのファンクラブを“Wallets(財布)”と名付け、ファン自身もツイッターなどで「岡崎体育さんのお財布です」と自ら公言する人が後を絶ちません。

実は何を隠そう、筆者も岡崎体育さんの大ファンで、体育さんのお財布です!なので、今回この記事を書く機会を与えてもらい、筆者は今天にも昇るような気持ちです!

ツイッターも毎日チェックしており、体育さんの動向を逐一チェックしております。ちょっと前のツィート内容で「みんな、課金してね」という趣旨のものがありました。

ダイレクトにお金の話をする体育さんですが、そんな体育さんも大好き!!今回はそんな岡崎体育さんを、筆者の有り余るほどの愛情を添えて紹介していきたいと思います。これを読めば岡崎体育の全てが丸わかり!

ファンの皆様、そうでない方も、拙い文章ではありますが、岡崎体育さん愛が止まらない筆者にどうぞ最後までお付き合いくださいませ!

岡崎体育のプロフィール

岡崎体育プロフィール

岡崎体育(おかざきたいいく):本名→岡 亮聡(おか あきとし)
1989年7月3日生まれ(現在29歳)
身長:175cm 体重:83kg
血液型:A型
視力:左右とも2.0

出生地:兵庫県西宮市
成長地:京都府宇治市
活動拠点:デビュー前は奈良県奈良市、現在は関西、関東においても活躍中

利き腕:右
得意科目:英語、歴史
苦手科目:算数、理科

好きな食べ物:ラーメン、白ご飯
好きな言葉:マンU
好きな色:水色とピンクのツートン
好きな女性芸能人:宮澤佐江(元AKB48兼SKE48)、田畑智子、菊池亜希子

趣味:スポーツ観戦、映画鑑賞
特技:体重移動、創作ダンス

岡崎体育の名前の由来

岡崎体育名前

「岡崎体育」という何とも斬新なネーミング!一度聞いたら頭から離れない人が続出しそうな名前ですよね。

一見その名前と、カピバラのような(誰がカピバラやねん!)愛らしい憎めない風貌から芸人さんやYoutuberと勘違いされがちですが、彼はれっきとした才能溢れるミュージシャン!なんです!

岡崎という苗字ではない!!

筆者が岡崎体育さんに出会ったのは2016年「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが流行した頃でした。この人の曲すごく元気が出る!もっと知りたいな、と思った筆者は岡崎体育さんについて調べまくりました。

そこからずぶずぶと筆者は岡崎沼へとはまっていきました。この人、噛めば噛むほど味が出る、まるで永遠に噛み切れないスルメのようだ・・・!そう思いました。

そんな筆者ですが、最初に岡崎体育さんを知った時、てっきり“岡崎”という苗字なのだと思っていました。しかしこれはMCの仕事をしている彼のお母様が仕事で“岡崎”という芸名を使っていたので、それを襲名したとの事。(“岡体育”と最初は考えていたそうですが、岡崎のほうが語呂が良かったとの事です)。

ちなみにお母様の職場に岡さんという苗字の人がもう1人いたので、混同を避けるため、お母様は“岡崎”と名乗る事にしたそうです。

尊敬する人物は石野卓球さん!

体育の由来に関しては、彼が尊敬する人物、電気グルーヴの石野卓球さんからきています。

卓球を超えるものは何か?と考えた時に、それを包括する“体育”という文字しかない!と彼は閃いたのだとテレビや雑誌のインタビューなどで語っています。(ちなみに石野卓球さんは中学時代に卓球部だったので、そこから名前をとったという話があります。)

もうこれは、ファンの間では有名すぎる話ですが岡崎体育さん、その才能が認められ電気グルーヴのライブのオープニングアクトも務めた経験があります。

憧れの人との共演!嬉しかったでしょうね~!体育さん!筆者も人生で一度でいいのでそんな経験してみたいものです!

岡崎体育の出身高校と大学

同志社大

岡崎体育さんは非常に頭の良い方で、高校は京都の進学校として有名な京都府立南陽高校、そして大学は何とあの有名な!同志社大学を卒業されています。

頭のいい方なんだろうな、とは体育さんの曲を初めて聴いた頃から思っていましたが、この事実を知った時は「同志社!すごい!!」とある種の衝撃を受けたのを今でも筆者は鮮明に覚えています。

運動神経が抜群な岡崎体育

中学校・高校では硬式テニス部に所属し、京都府立高校大会でベスト4に進出するほどのテニスの腕前を持っていました。今のステージ上でのキレキレのダンスやパフォーマンスの裏側には中・高時代に培われた運動神経の良さが隠されていたのですね。

頭も良くて運動神経もいい!岡崎体育さんの株が爆上がりしそうなエピソードです!

勉学に励んだ大学時代

大学では、文化情報学部という学部に在籍し、主に芸術や言語、社会経済などの文化をデータサイエンスの観点から探求していくという、聞いただけでも何とも難しそうな勉学に取り組んでいたそうです。

大学ではワチャワチャした雰囲気が苦手との事から、サークルには所属せず単位取得の為にひたすら勉学に励んでいたのだとか。しかしその反面、後に詳しく書きますが、友達とバンド活動を始めたりと、音楽に対して本格的に行動を起こし始めたのもこの頃からのようです。

岡崎体育と音楽

岡崎体育ライブ

ここからは岡崎体育さんの、その独特の音楽の世界観が生まれるまでに迫っていきましょう。幼少期から、本格的に音楽というものを始める事になるまでの過程を探っていきたいと思います。

岡崎体育さんの作る音楽はどのようにして形成されていったのでしょうか?その秘密に迫っていきたいと思います!

小学生時代の夢を叶えた!?岡崎体育

「作曲家になって、世界中の人に自分の音楽を聴いてもらいたい」岡崎体育さんは小学校時代の卒業文集にこんな事を書いていたとの事です。

小学校1年生の時にピアノを習い始めたのはいいものの、当時ピアノを教えてくれていた方が「就職活動に専念したい」との理由からわずか3ヶ月でピアノを辞める事となります。

お母様も大の音楽好き!!

しかし、岡崎体育さんと音楽の縁はここでは終わりませんでした。お母様が大の洋楽好きでイギリスの超・有名ロックバンド“Queen”の追っかけをしていた事から、自身も小学校5年生の頃に“Queen”を始め“ディープ・パープル”などの洋楽を聴き始め、次第にその世界に没頭していきます。

岡崎体育さんは、常に周りに音楽がある環境で育ったという事ですね。しかし、お母様が音楽好きで本当に良かった!それがなかったら岡崎体育さんの音楽は生まれていなかったかもしれませんものね。お母様に感謝感謝・・!

岡崎体育が初めて買ったCD

まだまだ世界には届いていないものの、小学生からの夢を着実に叶えつつある岡崎体育さん。その野望は世界まで届くのか!?届いてほしい!いえ、本当に岡崎体育さんなら届くと一ファンとして本当にそう思います!

ちなみに岡崎体育さんが初めて買ったCDは、SPEEDの「My graduation」だそうです。

岡崎体育さんの家は、欲しい物があるとなぜそれを欲しいのかの理由をプレゼンして、それが認めてもらえたら買ってもらえるという少し変わったシステムをとっていたそうで、このCDを買ってもらうにあたり、「サビの部分がいい!」という事を力説してようやく買ってもらえたそうです。面白いエピソードですね。

岡崎体育が初めて作った曲

岡崎体育さんは中学1年生の時に友達から借りた、世界的ラッパーエミネムのCDを聴き、衝撃を受けたのだそうです。中学2年生の頃にはロックバンド、サム41に惚れ込み、お小遣いのほとんどをCDを買う事にあてていたのだとか。そして同時期にニンテンドーDS「大合奏!バンドブラザーズ」という音楽ゲームで作曲を始めます。

岡崎体育さんが初めて作曲をしたのは14歳の時で、その楽曲は「イエティ」というタイトルなのだそうですよ。イエティとはUMA(未確認生物)の一つで日本語で言うとずばり“雪男”の事ですね。そのイエティが街に出てきて1人の女の子に恋をしますが、驚いた人間達に最後は殺されてしまう、という何とも衝撃的な!?テーマの曲です。

しかし14歳で作曲とはすごいですね!「イエティ」は勿論、音源化はされていませんが、どんな曲なのか一度聴いてみたいものです!

岡崎体育が本格的に音楽活動を始めるまで

ここからは、岡崎体育さんが本格的に音楽活動を始めるまでを見ていきたいと思います。どのようにして、音楽家「岡崎体育」は作られていったのでしょうか!?

バンド活動に明け暮れた日々

岡崎体育さんは高校生の時に通販で“フェンダー・ジャパン”の4万円のギターを購入しますが、バレーコード(和音を演奏する際の弦の押さえ方)が押さえられず、一度挫折を味わいます。

そして時は経ち大学時代、ここからが岡崎体育さんの本格的な音楽活動の始まりとなります。エレクトロパンクバンド「愛新覚羅ヌルハチ」(岡崎体育さんはベース・ボーカルを担当)を結成。メンバーの移住・渡米等で解散後、パンクユニット「ヴァーツヤーヤナ・カーマ・スートラ」(ギター・ボーカルを担当)を結成。自主制作CDも作りますが、デビューに結びつく事はありませんでした。

Cubese5と運命的に出会う

岡崎体育-Cubese5

同時期、ベースを買いに訪れた楽器店でDTM(Desktop Music)ソフト“Cubase5”を購入。これが後々の岡崎体育さんを作っていくきっかけとなります。Cubaseを薦めてくれた店員さん、ありがとうございます・・!

また2009年より、ニコニコ動画にてボカロP「シトアキP」としてとしても活動を開始します。

色々な楽器をこなせる多才人間

岡崎体育さんは、物書きや映画監督に憧れていた時期もあったそうで、しかしやはり原点は音楽。

音楽関係者の話によると、岡崎体育さんはギター・ベース・ドラム・ピアノ等の楽器を一通りこなせるそうです。努力の人!岡崎体育!

音楽から離れ一度は就職も

大学を卒業後、IT企業で営業職に就くものの、音楽への夢を諦めきれず退職。音楽ソロプロジェクト「岡崎体育」を開始します。

地元のスーパーマーケット(万代 宇治樋ノ尻店)でアルバイトをしながら自主制作でのCDリリース、音楽ライブやフェスへの出演などなど、音楽活動を精力的に行っていました。

松下さんとの劇的な出会い!

松下マネージャー

そんなある日、岡崎体育さんの運命を変える大きな出来事が!2014年、アマチュアとして出演していたライブでのパフォーマンスがソニーミュージック関係者(現・マネージャー松下さん)の目にとまり、ソニーと育成契約をする事になります。

何だかまるでドラマのような展開!さあ、ここからが「岡崎体育」の始まりです!

岡崎体育ついに始動!

岡崎体育マネージャ

音楽の神様に導かれるようにとんとん拍子ではないものの、それを自らの努力により勝ち取ってきた岡崎体育さん。

最初は、マネジャー松下さんからの育成契約の件のメールを2週間近く無視していたらしい岡崎体育さんですが、松下さんの熱意にほだされ、育成契約を結ぶ事に同意したのだそうです。(岡崎体育さん、内心は相当嬉しかったとの事!)

岡崎体育と松下さんの揺るぎない信頼関係

岡崎体育さんは普段は極度の人見知りで大人しい性格だそうで、松下さんいわく、「目を見て話してもらえるようになるまで1年かかった」「3年かかってやっと心を開いてもらえていると感じた」そうです。

年月がかかった分、今は揺るぎない信頼と絆で結ばれている関係だとファンの目から見てもそう思います。

松下さんは、岡崎体育さんと一緒に京都のFM局α-SATITIONで「Okazaki Redio Channel」というラジオ番組のパーソナリティーもやっています。敏腕美人マネージャーの松下さん!

そんな松下さんと二人三脚で歩いてきた岡崎体育さんの、華麗なる音楽プロセスを見ていきましょう!

いよいよメジャーデビュー!

2016年5月「BASIN TECHNO」というアルバムで遂に岡崎体育さんはメジャーデビューします。全楽曲の、作詞・作曲・編曲を岡崎体育さん1人でこなした非常に完成度の高いアルバムです。

このアルバムは全曲タイアップ無しにも関わらず、オリコン週間アルバムチャートで初登場9位、そしてiTunes J-POPアルバムチャートでは1位に輝きます。

このアルバム、岡崎体育さんではお馴染みのネタ曲に始まり、バラードまできっちり聴かせてくれる、本当に完成度の高いアルバムです。曲紹介等はまた後ほど書いていきますのでその時に!

有言実行の男、岡崎体育

岡崎体育さんは27歳の夏までにメジャーデビューできなかったら音楽の道を諦めろ、という事を家族の方から言われていたそうで、2016年5月(26歳10ヶ月)にその目標を達成しています。良かった!ぎりぎりセーフですね!

岡崎体育さんは言葉が持つ力、いわゆる言霊の力をとても信じているそうで、自分の目標や夢などを敢えて口に出すのだとか。そうする事で夢や目標を確実に自分のものにしてきたところがあるようです。

岡崎体育さんは母子家庭で育ち、また一人っ子という事もあり、お母様からは「固い職業に就いて欲しい」との希望があったそうです。

しかし言霊の力を信じ、見事ぎりぎりセーフでメジャーデビューした岡崎体育さん。これもまた後に詳しく書きますが、2019年6月9日にはさいたまスーパーアリーナでのライブが控えています。これも30歳までにさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをやる!という岡崎体育さんの夢でした。これもまた29歳11ヶ月で叶う事となりましたが、危ない!これまたギリギリでしたね!

岡崎体育さんのさいたまスーパーアリーナでのライブの成功を、是非とも祈りたいものです!いや本当に成功してほしい!!

「MUSIC VIDEO」で大ブレイク!

岡崎体育-MV

「カメラ目線で歩きながら歌う~♪ 急に横からメンバー出てくる~♪」軽快なテンポの曲調に独特の世界観を持った面白い歌詞。いわゆる“ネタ曲”と呼ばれる岡崎体育さんの代表曲であり、一躍、岡崎体育さんの名を世に知らしめたのがこの「MUSIC VIDEO」という曲でしょう。

筆者もこの曲きっかけで岡崎体育さんを知りましたし、この曲でファンになった!という方は多いのではないでしょうか?欲を言えばもっと早く岡崎体育さんと、その曲を知りたかったですが!

Youtubeでの再生回数三千万回超え!!

「MUSIC VIDEO」というこの曲は、様々なア-ティストのミュージックビデオに出てきそうな“あるあるネタ”を詰め込んだ曲で、Youtubeでの再生回数は35,171,806回(2019年3月5日現在)という数字を叩き出しています。

「1億人に届け!MUSIC VIDEOオーイェ~♪」と最後に公園内を少年のように走り回る岡崎体育さんの姿が非常に気持ち良さそうです。

映像監督は若者に大人気のヤバイTシャツ屋さん

「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオ(ややこし!)の映像監督を努めたのは今、若者の間で注目されている「ヤバイTシャツ屋さん」という3人組バンドのボーカル兼ギターを担当する「こやまたくや」で、この作品は第20回文化庁メディア芸術祭で「エンターテインメント部門新人賞」を受賞。

こやまたくや

『ヤバイTシャツ屋さん』 こやまたくや(ボーカル&ギター)

「こやまたくや」は「寿司くん」という名前で岡崎体育さんの「MUSIC VIDEO」以外の様々な曲のミュージックビデオの映像監督もこなしています。

実は先輩後輩のお二人

実はこの二人、中学校時代の先輩・後輩という間柄で(岡崎体育さんが先輩)3学年違うため在学中は面識がなかったものの、岡崎体育さんがこやまさんの自主制作アニメ「寿司くん」を見て興味を示したのが交流のきっかけとなったと言われています。

公私共に仲がいいと言われている岡崎体育さんとヤバイTシャツ屋さん。岡崎体育さんがヤバイTシャツ屋さんの曲をRemixする事も多々あるそうで、これからも音楽仲間同士、切磋琢磨して頑張ってほしいですね。

「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオは総制作費激安!!

そして、この「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオは総制作費6万円という何とも低予算で作られたのだそうです!岡崎体育さんとこやまさんと、マネージャー松下さんで四苦八苦の末、完成した作品なのだそうですよ。

とにもかくにも、岡崎体育さんの「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオは本当に面白く「わかるわかる!」と共感して笑ってしまう事間違い無しなので、未見の方はぜひ!1度と言わず何度も見てみて下さい!

後の文章で、岡崎体育さんの代表的な曲をMV付きで紹介していますので、そちらもお見逃しなく!!

岡崎体育がこだわる音楽スタイル

テクノ

自身の音楽を「盆地テクノ」と位置づける岡崎体育さん。ライブやテレビ出演の際に盆地テクノの和訳である「BASIN TECHNO」と書かれたパーカーやTシャツを着用して出る事も多くなりました。

メディアへの露出が増えてきた岡崎体育さんですが、自身の音楽スタイルを崩さない何とも格好いい姿勢を持っています。そんな岡崎体育さんのこだわる「盆地テクノ」とは??

盆地テクノって何??

盆地テクノの由来は岡崎体育さんの出身地である京都盆地に因んで命名されたのだそうです。

「J-POPやテクノポップ寄りの音楽性だが、テクノという言葉が格好いいし、でもこれをテクノと言っては怒られてしまうので『盆地テクノ』と名付けて、お茶を濁している」

「同じ曲でも、何回見ても楽しんでもらえるように少し変えたり足したりするのが盆地テクノ流。そこを怠れば盆地テクノじゃない。山があり、盆があり、また山がある。変化が無ければ、ただの平地テクノになっちゃうから」と、岡崎体育さんは自身の旧ブログ脂汗日記で語っています。

盆地テクノは岡崎体育さんが作った造語のようなものですが、「盆地テクノ」って何だか響きがとても格好いい!!

実家での音楽作りにこだわる理由

岡崎体育-実家

岡崎体育さんは京都府宇治市出身で、売れっ子になった今でも宇治の実家に住んでいます。なぜ、実家での音楽作りにこだわるのでしょうか?その謎に迫ってみました・・!!

音楽の道を目指す人への希望に

ミュージシャンの中でも相当劣悪な環境で音楽作りをしていると、自負している岡崎体育さん。専ら音楽作りは実家の自分の部屋の学習机で行っているそうです。

使っている機材等もインディーズ時代から全く変わってないそうで、敢えて新しくしようとは思わないのだとか。「こんな劣悪な環境でも音楽を作れる事を証明して今、音楽作りを行っている人や、これから音楽の道を志す人に希望を与えたい」という趣旨の事を岡崎体育さんはラジオで語っていました。

東京に住んではみたものの・・

地元愛の強い、岡崎体育さん。一度東京のウィークリーマンションの一室を借りて音楽作りを行ってみたそうですが、全然ダメだったとの事。

岡崎体育さんの独特の音楽センスは宇治に住んでいるからこそ産まれた、と言っても過言ではないと思います。これから、どんどん売れっ子になっていく予感の岡崎体育さんですが、可能な限り宇治に住み続けて、私達に岡崎体育さんだからこそ作れる音楽を届けていってほしいものです。

まあ、体育さんが幸せなら、たとえ海外に行こうがどこに行こうが、筆者は一ファンとして応援しつづけますが!!

バイトからさいたまスーパーアリーナへ!!

埼玉スーパーアリーナ

最近の岡崎体育さんのツイッター内容にはこんなものがありました。それは2019年1月15日付で5年間在籍したスーパーマーケットのアルバイトを辞めたとの報告と、そのスーパーの店長らしき人との2ショット写真が添えられていました。

これには皆さん驚いたようで、「まだバイトやってたんだ!?」「すごい!そこからなんですね!」等の書き込みが殺到していました。

音楽活動をやめようと思っていた!?

実は、岡崎体育さん、自身の夢である「さいたまスーパーアリーナでワンマンライブをやる」という夢が叶ったら、ミュージシャンを辞め、楽曲提供やプロデュサーなどの裏方に回ろうと考えていたのだそう。

今、びっくりしたそこのあなた!安心してください。岡崎体育さんは音楽をやめません。「一生岡崎体育として生きていく」という確固たる決断があったからこそ、今回スーパーでのアルバイトを辞めようと決めた背景があるのだとか。

良かったですよね!ハッキリ言ってこんな才能溢れる、音楽の才能の塊のような人がそんな短期間で音楽を辞めてしまうのは本当に勿体ないと思います。考えが変わって筆者含め、岡崎体育さんファン全員ほっと一安心ですね!

アルバイトの為にラジオ出演を断る

ところで、こんな面白エピソードもあります。スーパーでのシフトの穴を開けられないからと、何と岡崎体育さん、ラジオ出演を断ったのだとか!

アルバイトの1人の方が辞めてしまい、その分忙しく働かなければいけなくなったのと、その人が辞めた事によって少し偉いポジションに配属された為というのが事の真相だったようです!

律儀な岡崎体育さん。そういう飾らない人柄が様々なファンの心を掴んで離さない一つの大きな理由なのかもしれませんね。

ファンをお財布と呼ぶその真相に迫る!!

岡崎体育がファンをお財布と呼ぶその真相

さて、ここからタイトルにもあるように、岡崎体育さんがファンをお財布と呼ぶ(!?)その真相に迫っていきましょう。

ファンクラブが“Wallets”という名称の意味合いもありますが、岡崎体育さんとお金、という側面を見ていきたいと思います。

お金、というとシビアな話に聞こえるかもしれませんが、そこには隠された岡崎体育さんのファンへの一途な思いと音楽への熱意があったのです。

ファンクラブ炎上騒動の過去!!

現在は廃止されたシステムですが、岡崎体育さんのファンクラブ“Wallets”は2018年2月2日に「bitfan」と呼ばれる新たなファンサービスを導入する事を決定した過去がありました。

この「bitfan」がどういうものかというと、ファンクラブ運営大手のSKIYAKI社が作った新しいサービスで、ファンクラブへの入会や継続、ファンクラブサイトへのログイン履歴、ECサイトでのグッズ購入、SNS上などでの応援・拡散といったファンの様々な行動履歴を収集し、色々な視点からの処理手順によってファンに「トークン」と呼ばれるシステムを付与。

ビットファン

その「トークン」に基づいたランキングが公開され、ファンは順位に応じた特典を受けられるという何とも斬新なサービス、これが岡崎体育さんの導入した「bitfan」と呼ばれるシステムの概要です。

更に、ファンを「ワニ革」「サメ革」「ヒツジ革」「ウシ革」「合皮」「塩ビ」という6段階に分け、ランキング最上位のファンにはツーショットチェキ会や握手会のチャンスを提供するなどのサービスを用意するとしていました。

この「bitfan」のシステムは海外のアーティストではテイラー・スウィフトなどが導入しており、岡崎体育さんの試みは日本のアーティストでは初の試みとなるものでした。

しかし、これを聞いた一部のファンが「ファンをランク付けするのか!?」「ファンに優劣をつけているように感じる」「小学生などのお金を持っていないファンはどうなるのか!?」と猛抗議。炎上騒ぎへと発展していくのでした。

「賛同」と「お金」を得てこそなんぼの世界

この騒ぎを経て、岡崎体育さんはすぐさま、ツイッターで自分の考えを発信しました。そして同時に謝罪もありました。

後のブログでは、こんな事も書いています。岡崎体育旧公式ブログ

確かに、アーティストのライブグッズなどはすごく高い印象があります。筆者も音楽大好き人間なので、好きなアーティストのライブに行く度に思います。「どうしてこんなにグッズって高いのかな?」「このチケットの価格は自分にはちょっと手が届かない・・」等々です。

でもそれが好きなアーティストの、音楽を制作する環境作りの質を上げることや、ライブの演出の質を上げること等につながっていたら?

あの名曲も、この名曲も私達ファンがアーティストに「賛同」して「お金」を出したからこそ、生み出されたのかもしれない!そう考えると心持ちも少し変わってくると思いませんか?

勿論ファンクラブに入ってお金を出す事が全てだとは筆者も思いません。ファンクラブに入ってあろうがなかろうが、その人を応援する基準はその人自身が決めるものです。

筆者は岡崎体育さんのファンだからとかそういう事抜きに、この彼の試みた考え方にはその当時多いに賛同できるものがありました。

ファンとアーティストが刺激しあえる関係作りの大切さ

お金を持っている人は、どんどんそのアーティストに投資してよりよい音楽作りを目指して貰う事ができるし、お金を持っていない人は、よーし!次のライブには行きたいから頑張ってお金貯めるぞ!とか、次のライブではこのグッズ買うぞ!とか目標ができて自らの生活の励みにもなるかもしれない。

筆者はどちらかというとお金がそんなにある方ではないので、後者の方に属しますが、そうやってファンとアーティストが刺激しあえる関係ってとても素敵なんじゃないかと筆者は思うのです。

「お金」というと何だか日本では言わない事が美徳のようにされがちですが、私達の生活は現に衣食住全て、お金がないと大抵の事はできない世の中です。

ある程度のお金は無いよりあった方が絶対にいいと筆者は思います。自分の心の安定にもつながりますしね。

岡崎体育さんも母子家庭でお金の面では決して裕福とは言えなかった。なので、お金を稼ぐ大変さとかその大切さは人一倍彼もわかっていると思います。

筆者がこの一件を経て感じた事は岡崎体育さんはすごく真面目に物事をしっかり考えている人だ、という事、そしてすごくチャレンジ精神溢れる人なのだなという事です。

岡崎体育さんのこの「日本発」の試みと、このシステムにゴーサインを出した勇気は本当にすごいな!と筆者は感じるのです。

数々のアーティストも賛同のファンクラブシステム

岡崎体育さんはツイッターで当初「正直、こんなに叩かれるとは思いませんでした」という趣旨の発言をしており、他のアーティストの方々も岡崎体育さんの考え方に賛同する意志を示しています。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんも自身のツイッターでこんな事を語っています。「ファンクラブがバンドやミュージシャンの活動の質を高める事はあると思う。何だかんだ楽曲制作って本当にお金がかかるから。好きなバンドのパトロンになれるって、悪い事じゃないと思う」と。

実際ファンの人も叩いているのはほんの一部で、ブログのコメント蘭などを見てもわかるように、この岡崎体育さんの考えに賛同し応援しているファンの人がほとんどです。

岡崎体育さんがファンクラブを「Wallets(財布)」と呼び、ファンも自らの事を「岡崎体育さんの財布です!」「財布会員です!」などと言っている事から、もうその関係は対等なものにでき上がっているように筆者は感じます。

たくさんのファンに愛されて、岡崎体育さんは幸せ者!ですね!もちろん筆者もそんな岡崎体育さんを愛しています!そして体育さんのお財布だと、堂々と胸を張って言います!!世界の中心で叫びたいくらいに!!

岡崎体育 公式ファンクラブ「Wallets」の現在

岡崎体育ファンクラブ

「ワニ革」「サメ革」等でファンをランク付けして一時、炎上騒ぎにもなった岡崎体育さんの公式ファンクラブ「Wallets」ですが、現在ではこれも沈静化しており、ファンの階級システムのようなものは一切なくなりました。

現在の「Wallets」はどのようなものになっているのでしょう??ファンクラブの入り方やその特典等を紹介していきたいと思います。

「Wallets」への入会の仕方

まず、岡崎体育さんのオフィシャルウェブサイトにアクセスし、joinというボタンから、手続き開始です。

メールアドレスとパスワードを入れて新規登録ボタンを押すとオフィシャルウェブサイトからメールが送られてくるので、そこからOKAZAKITAIIKU IDを取得。

送られてきたメールの手順に従って自分の個人情報などを入力していけばあら、簡単!あなたも今日からWallets会員です。ファンクラブは有料ですが、月々300円ととってもお手頃価格!!

Walletsの会員証はweb上のマイページに反映されるので、郵送で受け取るなど面倒な手間がありません。

ただし、多数のアーティストのファンクラブに存在するようなファンクラブ会報の発行はありません。しかし有料会員に登録すると、以下のような特典が受けられます。

「Wallets」の会員特典

1.チケット先行予約への申し込み
2.スタッフブログ等のメールマガジンの受け取り
3.有料会員限定のグッズの購入
4.その他、会員限定企画などに参加可能

以上の特典が受けられます。

期間限定のbitfan復活も有り得る!?

色々とややこしいシステムのbitfanですが、過去に開催された岡崎体育×bitfanの企画はまた復活する事も有り得るかもしれません。

だって、終演後のライブの楽屋に招待されたり、ツーショットチェキ会なんてファンには嬉しすぎる特典です!!

筆者含め、ファンの方の熱い要望があればbitfanの企画はまた実現する事も無きにしもあらずだと思います。

bitfanの復活を是非とも願いたいものですね!岡崎体育さん、bitfanの復活待ってます!!

岡崎体育の曲ってどんなのがあるの?

岡崎体育-曲

筆者が岡崎体育さんのファンになって、その曲を聴き込んできたその過程と結論がこれです。

「ネタ曲面白い」→「シリアスな曲もいいな」→「バラードも作れるんだ!」→「音楽の幅広くない!?」→「この人すごい才能あるな!!」→「天才!!」です。

岡崎体育ワールドに見事にハマった筆者。というわけで、ここでは「MUSIC VIDEO」以外の、岡崎体育さんの多種多様な曲を紹介していきましょう。

「感情のピクセル」

岡崎体育さんの“ネタ曲”として非常に有名な楽曲。最初は真面目で格好いい曲ですが、サビの部分で・・・!?

「スペツナズ」

戦争の事を歌っている曲で、非常にシリアスな曲となっています。ちなみに「スペツナズ」とはロシアの“特殊任務部隊”の事です。

「鴨川等間隔」

曲の選別ですごく迷いましたが、岡崎体育さん自身も大好きな曲という事で、この楽曲を選びました。バラードというよりはアップテンポに近いですが、名曲です。

岡崎体育は口パク!?

岡崎体育さんは「Explain」という曲で自らの歌唱が口パクである事をカミングアウトしています。

「Explain」という楽曲はただ本当にタイトル通り、曲を“説明”しているだけの歌で、2番の歌詞でいきなり水分補給をしたりと斬新な発想が盛り込まれています。音楽番組「MUSIC STATION」でもこの曲を披露し、話題になりました。

岡崎体育さんは、ライブでも口パクを多々用いる事がありますが、これはダンスやその他諸々のパフォーマンスに集中したいという彼の想いがあるようです。

しかし、バラード等では生歌を披露しており、岡崎体育さんは熱心にボイストレーニングも行っているようで、非常に歌が上手という意外な(!?)一面も持っています。

多種多様の岡崎体育ワールド

その他に歌唱中にいきなり歌詞を忘れるという設定の「Voice Of Heart」や日本語を英語風に歌った「Natural Lips」、可愛らしいペンギンのぬいぐるみ“てっくん”と、サビの部分でひたすらバンドをディスるという内容の「FRIENDS」、家族の関係をひたすら歌った「家族構成」なんかも非常に凝った世界で岡崎体育ワールド全開です。

また、バラードでは「エクレア」という曲が非常に名曲で、ネタ曲ではない彼の音楽の幅広さを垣間見れる1曲となっています。

ポケモンの主題歌も担当!!

岡崎体育-ポケモン2

ポケモンの主題歌を歌っていることもあってなのか、岡崎体育さんのファンは「親子でファンです!」という方も非常に多いです。

現に筆者が岡崎体育さん絡みで出会った方は親子共々ファン!という方が本当に多く、その親しみやすい風貌も関係あるのか、子供にも大人気という一面も持っています。

実際、ライブで親子連れで来ている方も多々見られるので、小さな子が岡崎体育さんを見て嬉しそうな姿を見ると何だかこちらまで嬉しく、微笑ましい気持ちになります。

子供のハートもわし掴み!

現在(2019年3月5日付)アニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」の主題歌をオープニング、エンディング共に担当しており、オープニングは「キミの冒険」エンディングは「心のノート」という楽曲で、合唱の名門校“日野市立七生緑小学校”とコラボし、反響を呼んでいます。

「キミの冒険」は大人が聴いても非常に元気の出る曲で、「心のノート」は合唱が大好きだという体育さんが作詞・作曲をしてその歌を七生緑小学校の合唱団の子供達が歌うという、本当にザ・王道の合唱曲となっています。

過去にも「ジャリボーイ・ジャリガール」「ポーズ」でエンディングを担当しており、小さなお子さんのハートを見事がっちりと掴んでいる様子が感じられます。

岡崎体育の楽曲提供やタイアップ

岡崎体育&秦基博

岡崎体育さんは、楽曲提供として「私立恵比寿中学」や「間ジャニ∞」等に曲を提供しており、「ヤバイTシャツ屋さん」「阿部真央」「秦基博」等の楽曲のアレンジやリミックスも手掛けています。

タイアップとしては、アニメ「舟を編む」のオープニング曲「潮風」をこのアニメの為に書き下ろしたり、2018年4月に「OT WORKS」というタイアップソングを収録した、コンピレーションアルバムを発売したりとその活動は多岐に渡っています。

星野源や米津玄師も絶賛!の才能

米津玄師や星野源にも支持される岡崎体育とは

岡崎体育さんのその才能は多方面の芸能関係者が評価しており、「星野源」「米津玄師」「FUkase(SEKAINO OWARI)」「きゃりーぱみゅぱみゅ」「ヒャダイン」「川谷絵音」「元SKE48松井玲奈」らがその才能について、好意的な意見を述べています。

また、岡崎体育さんのラップ調の曲での歌詞の、韻の踏み方などはプロのラッパーも脱帽する程。本当に言葉遊びというか、言葉選びが上手で格好いい!

“音”に対するこだわりも強く、この楽曲のこの音の部分が格好良かった!という事をファンの方から言われると本当に嬉しいと雑誌のインタビューで語っていました。

ゲームで繋がった米津玄師との絆

ナポリの男たち

岡崎体育さんは無類のゲーム好きで、オンラインゲームを通じて芸能人の方と繋がる事も多いようです。

彼はニコニコ動画で活動するゲーム実況グループ「ナポリの男たち」の大ファンで、今や、名前を知らない人はいないんじゃないかという位の音楽の申し子「米津玄師」さんともゲーム繋がりで知り合い、一緒に食事をした経緯もあるのだそうですよ!

岡崎体育スクリーンデビューも!

岡崎体育-まんぷく

NHK連続テレビ小説「まんぷく」にて進駐軍のMP(警察)・日系人2世のチャーリータナカ役で役者デビューも果たした岡崎体育さん。「え!あれ岡崎体育だったの!?」と驚かれた方も多かったようです。

そんな岡崎体育さん、今度は2019年4月5日公開の映画「麻雀放浪記2020」にてスクリーンデビューも果たします!主人公・坊や哲(斎藤工)を翻弄する、オタクテロリスト・ドク役という事で、楽しみにしているファンの方も多いのでは!?

音楽活動、役者活動とマルチに活躍される岡崎体育さん、役者としての幅も今後広がっていくのではないかと、これからの活躍も見逃せません!

岡崎体育いざ、埼玉へ!!

さいたまスーパーアリーナ

前に記述したように、2019年6月9日に長年の夢であったさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブが控えている岡崎体育さん。

特に意識したわけではないそうですが、6月9日はロックの日!さいたまスーパーアリーナへ向けて今どういう心境なのでしょうか!?

さいたまスーパーアリーナにこだわる理由などにも迫ってみました!

ネタ曲一切なしの3rdアルバム「SAITAMA」

岡崎体育さんと言えば“ネタ曲”のインパクトが大きいですが、2019年1月9日にリリースした3rdアルバム「SAITAMA」は持ち前のネタ曲を一切排除した真剣勝負のアルバムとなっています。

筆者も、もちろん「SAITAMA」聴きました!予約したお店でフラゲし、スキップして帰りたいほどルンルンの足取りでその日家に帰ったのを覚えています。

確かに1stアルバム「BASIN TECHNO」や2ndアルバム「XXL」と聴き比べて、岡崎体育さんかなり本気だな!という印象を受けました。

そして、同時にネタ曲なしでも本当に良かった、いいアルバムだなと感じたのでもっと多くの人に聴いてもらいたいな!と筆者は本当に切実にそう思います。

本当に聴けば聴くほどいいアルバムなんです!皆さん、一度騙されたと思って聴いてみて下さい!!

このアルバム制作にあたって、岡崎体育さんはネタ曲一切なしで勝負したい!という事を伝え、レコード会社に頭を下げたのだそうですよ。

「からだ」

本当に格好いい曲!岡崎体育さんが得意とする歌詞の韻の踏みが面白い楽曲です。聴いていると思わず踊りたくなるような楽曲に仕上がっています。

「龍」

岡崎体育さんがさいたまスーパーアリーナでライブが決まった時に、東京のホテルで夜書き上げた曲なのだそうです。意外かもしれませんが岡崎体育さんのバラード、とても良いのです!歌詞の独特の世界観に注目してほしい楽曲です。

なぜ、さいたまスーパーアリーナなのか?

岡崎体育さんが大学生の時、初音ミク等のVOCAROIDで作られた曲を自分達で歌った動画を投稿する『歌ってみた』の一大ムーブメントが起きていたそうです。

友達がチケットを余らせた事から、さいたまスーパーアリーナで行われたその『歌ってみた』のフェスに岡崎体育さんも行く事に。

言ってしまえばプロではない人達、素人の人達のフェスで沢山のお客さんが熱狂的に盛り上がっている光景を見て、岡崎体育さんは“悔しい”という感情を持ったのだとか。

その背景には、当時岡崎体育さんも音楽を作っていて、ニコニコ動画にVOCAROIDの曲を投稿していましたが鳴かず飛ばずという現実がありました。それが岡崎体育さんの“悔しい”という気持ちに火をつけたようです。

岡崎体育さんはその日以来「いつか自分もさいたまスーパーアリーナで絶対にライブをやってやる!しかもワンマンで!!」という気持ちと共に行動してきました。

それが、岡崎体育さんが日本武道館や他のどこかの会場ではなく、さいたまスーパーアリーナにこだわる理由だったのですね。

“すごい”とか“憧れ”の気持ちではなく、“悔しい”という気持ちをバネにここまで頑張ってきた岡崎体育さん。普段は大人しいという性格とは反対の“負けず嫌い”という意外な一面が垣間見れるエピソードですね!

内に闘志を秘めた男、岡崎体育。ファンの皆さんも、もちろん筆者も、さいたまスーパーアリーナ心待ちにしています!!

おわりに

以上、新進気鋭のミュージシャン、岡崎体育さんについて詰め込めるだけの情報をたっぷり詰め込んで書きましたが如何でしたでしょうか!?

ご自身の長年の夢であった、2019年6月のさいたまスーパーアリーナでのライブ、是非とも成功を祈りたいですね!!

筆者もさいたまスーパーアリーナもちろん参戦予定なので、他のファンの皆さんと「BASHN TECHNO」のパーカーを来て大盛り上がりし、岡崎体育さんの夢が叶う瞬間を見届けたいです!!

「Explain」の最後の歌詞にあるように、さいたまスーパーアリーナで口パクやっちゃって下さい!これからの岡崎体育さんの動向も要注目です!!

関連記事

”音楽”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)