クラシック音楽『世界三大〇〇』をご紹介!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年11月12日
  • kojiii

世界三大河川といえば、「アマゾン川」「ナイル川」「ミシシッピ川」ですが、人間とは殊の外三大〇〇とつけるのが好きな生き物のようで、他にも世界三大瀑布とか世界三大夜景など様々な世界三大〇〇が存在します。

それはクラシック界でも同じで、色々な世界三大〇〇がありますので、今回はそれをご紹介しましょう。

世界三大〇〇シリーズ

クラシック音楽『世界三大〇〇』

作曲者を表す物から曲名についてまで、色々な世界三大〇〇が存在します。ほとんどが世界的に確定的な物ですが、人によって一部違う場合もありますので、遊びの積もりでお読み下さい。

ドイツ三大Bとは

偉大なるドイツの作曲家を指す言葉です。歴史上最も偉大な作曲家として今尚世界中から愛されており、彼らを超える人物は向こう100年出てこないだとうろと言われています。頭文字が3人ともBで始まるためこう呼ばれています。

バッハ(Bach)

最初の『B』はバッハです!18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家。バロック音楽の重要な作曲家の1人。彼がこのドイツ三大Bに選ばれた理由はやはり現代呼ばれるクラシック音楽を確立した作曲家だからです!

宗教曲から数々の器楽曲まで多くの名曲を残しています。全作品は1,000曲以上になります。

ベートーヴェン(Beethoven)

次の『B』はベートーヴェンです!音楽史上極めて重要な作曲家であり、日本では「楽聖」とも呼ばれています。『第9』を始め、『運命』『田園』など数々の名曲を残した大天才です。

ブラームス(Brahms)

最後の『B』はブラームスです!19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者です。ドイツではベートーヴェンの正当な後継者と見られています。4つの交響曲や協奏曲などはドイツ古典派独特の曲です。

ベートーヴェン三大ピアノソナタ

ベートーヴェン限定の三大〇〇です。ベートーヴェンが作曲したピアノソナタのうち、特に有名な3作を指す名称です。元々はレコード会社の販売戦略が始まりとも言われています。当時のLPレコードに収録可能な曲であり、かつ人目を引きやすい表題の付いている曲から選ばれました。

『ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」』

ベートーヴェンの初期を代表する傑作として知られています。「悲愴」というタイトルはベートヴェン自身が付けました。作品が発表されてからは人気が高く、楽譜の売れ行きも好調でベートーヴェンの名声を高めた作品です。

『ピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」』

「月光」というタイトルは評論家によって付けられました。ベートーヴェン自身はそれについて気に入っていなかったと弟子が書き残しています。

この曲はとある伯爵令嬢(14歳)に捧げられましたが、どうもベートーヴェンはその令嬢に恋をしていたらしいです。

『ピアノソナタ第23番ヘ短調 作品57「熱情」』

『熱情(アパショナータ)』という通称により有名で、ベートーヴェン中期の最高傑作のひとつとして名高いです。このあだ名も本人が名付けた物ではありません。

モーツァルト三大オペラ

こちらもモーツァルト限定です。この3曲ともモーツァルトの代表作であり、特に人気の高いオペラですのでモーツァルト三大オペラと呼ばれています。

『フィガロの結婚』

フランスの劇作家ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲をもとにモーツァルトが1786年に作曲したオペラです。貴族を風刺した内容で、ウィーンでは不評でしたが、プラハでは大好評当時の聴衆には結構好評だったようです。

『ドン・ジョバンニ』

1787年に作曲したオペラです。モーツァルトは初演の前日まで「序曲」が書き終わってなく、徹夜して写譜屋に渡したそうです。モーツァルトはオペラ・ブッファ(喜劇的オペラ)と呼んでいるが、悲劇的な部分も多い作品です。

『魔笛』

モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラです。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持っています。とにかく面白いオペラです。

世界三大コンクール

3つとも世界に名だたるコンクールです。この3つは他のコンクールと違い大変権威がある為、世界三大コンクールと呼ばれています。

「ショパン国際ピアノコンクール」

5年おきに開催。ピアノのみのコンクールです。優勝、入賞者には世界的に有名なピアニストが大変多くいます。

「チャイコフスキー国際コンクール」

4年おきに開催。ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽部門がある。この中でもピアノ、ヴァイオリンについてはとてもレベルが高いコンクールです。

「エリーザベト妃国際コンクール」

不定期開催。ピアノ、ヴァイオリン、声楽、チェロ部門がある。このコンクールでもピアノ、ヴァイオリンのレベルが高い物です。

世界三大レクイエム

3曲とも大変有名な曲です。同じレクイエムと言っても、曲想やイメージが全く違った3曲です。その内容や音楽的価値からこの3曲は別格なのでこう呼ばれています。

モーツァルト

モーツァルト最後の曲になります。弟子のジュスマイヤーに残りの部分を託して、未完のままモーツァルトは逝ってしまいました。弟子が本当にモーツァルトの意思に従って作っているのかどうかはもう確かめようもありませんが、それでも素晴らしい曲です。神がそこにいるように感じられます。

ヴェルディ

イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニのために作曲した『レクイエム』です。「最も華麗なレクイエム」と評されています。ロンドン初演時も「モーツァルトのレクイエム以来の傑作」とする新聞評が出ましたが、反対派もいました。

フォーレ

とても綺麗な『レクイエム』です。ヴェルディの『レクイエム』は神様がびっくりするような音楽ですが、フォーレの物は本当に神に対して(死者に対して)頭をたれているようなとても繊細で美しい曲です。

世界三大ピアノ協奏曲

ピアノ協奏曲にも三大〇〇があります。3曲とも名曲で人気があります。

ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」』

文字通りピアノ協奏曲の「皇帝」です。こんなに雄大なピアノ協奏曲はベートヴェン以外作れません。

チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23』

冒頭部分の金管とピアノの掛け合いは良くコマーシャルにも使われますから、知っている方も多くいる事でしょう。

グリーグ『ピアノ協奏曲イ短調作品16』

この協奏曲も冒頭部分のピアノのメロディが大変素敵な名曲です。1度聴くと忘れられない協奏曲です。

世界三大ヴァイオリン協奏曲

この3曲は誰もが納得する物でしょう。どれも名曲です。

ベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61』

ベートヴェンの大作であり、大変な名曲です。この壮大な音楽はやっぱりベートーヴェンにしか作曲できないものです。

ブラームス『ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77』

まるで交響曲のような協奏曲です。これもベートーヴェンに匹敵するぐらい素晴らしい名曲です。

メンデルスゾーン『ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64』

最初のヴァイオリンのメロディは1度聴いたら忘れられないほど素敵な物です。この曲も色々なコマーシャルに使われている物ですから、聴いた事のある人も多くいると思います。

世界三大チェロ協奏曲

チェロ協奏曲の三大〇〇は意見の分かれる三大シリーズです。2曲については衆目の一致するところですが、残り1曲はエルガー派とハイドン派に分かれます。

シューマン『チェロ協奏曲イ短調作品129』

シューマン独特の一見地味な協奏曲ですが、名曲です。シューマンらしさが良く出ています。

ドヴォルザーク『チェロ協奏曲ロ短調作品104』

チェロ協奏曲と言ったらまず頭に浮かぶのがこの曲です。この曲も1度聴いたら心から離れなくなってしまう名曲です。

エルガー『チェロ協奏曲ホ短調作品85』

私はエルガーを選択しました。ジャクリーヌ・デュプレが演奏したこの曲を聴いてみて下さい。感動が伝わってきます。

世界三大バレエ

バレエにも色々な演目がありますが、三大バレエというとチャイコフスキーの3曲に落ち着いてしまうのですね。

チャイコフスキー『白鳥の湖作品20』

何といっても日本ではバレエと言ったらこの『白鳥の湖』ですよね。あの有名なメロディがすぐに頭に浮かんできます。やっぱりバレエの名曲はチャイコフスキーになってしまいますね。

チャイコフスキー『眠れる森の美女作品66』

チャイコフスキー3大バレエの2番目の曲です。この曲も有名な曲がふんだんに使われていて、楽しそうなバレエです。

チャイコフスキー『くるみ割り人形作品71』

3部作の最後の曲ですが、私はこのバレエ曲が1番大好きです。この曲も色々な楽しい曲が沢山出て来て、全く飽きさせません。名曲です。

世界三大交響曲

最後は交響曲で締めましょう。でも、いつも思うのが2曲は納得しますが、残り1曲は格下なのではないでしょうか。個人的に納得のいかない三大交響曲です。

ベートーヴェン『交響曲第5番ハ短調作品67』

皆が知っているあの「ジャジャジャジャーン」の曲です。こんなに音楽の構造が見事な曲を私は他に知りません。世紀を超えて演奏され続ける交響曲です。

シューベルト『交響曲第7番ロ短調D 759「未完成」』

未完成だったがために余計有名になった曲です。2楽章とも素晴らしい音楽ですが、シューベルトはこの後に長い第3楽章、第4楽章を考えていたといわれています。未完であって良かった!

ドヴォルザーク『交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」』

ドヴォルザークがアメリカに行った時の印象を音楽にした有名な曲です。特に第2楽章は昔小学校の下校の曲だったので、演奏会に行ってもいつもここの部分では小学校の事を思い出してしまいます。

まとめ

まだまだありそうですが、今回はこのぐらいにしておきましょう。楽曲については全て素晴らしい曲なので、ぜひ聴いて頂きたいと思います。

三大〇〇ってクラシックにも意外に多くて驚きました。覚えておけばちょっと通振れます。ひとつでもふたつでも雑学として覚えていきましょう。

関連記事

”音楽”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)