『DOCTOR STRANGE』コミックと実写キャスト比較まとめ!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年09月22日
  • Shuuu
ドクターストレンジ

特殊な能力を持つヒーローが多いマーベル作品ですが、今作はファンタジー色の強い“魔法”を操る男が主人公。

『MCU SERIES』の主人公でもあるためアベンジャーズ入りする事は明確!劇中でもアベンジャーズの話題が出てくるなど、必ず抑えておきたい作品の一つ!!

それでは早速原作コミックとの比較に参りましょう!!

『DOCTOR STRANGE COMPARISON』

※キャラクターの概要は映画をベースとしていますので原作との差異はご了承ください。

Doctor Strange(Stephen Strange)

Doctor Strange(Stephen Strange)

数々の難易度の高い手術を成功してきた天才外科医。
様々な医療知識に精通する高い知性と手術中に音楽を流したりジョークを飛ばしたりするユーモアさを持ち合わせているが傲慢さが欠点。

学術発表会に向かう山道で交通事故を起こしてしまい、両手の機能を失う。

その後数多くの治療を試みるが完全に治る事はなく、藁にもすがる思いでカトマンズにあるカマー・タージと呼ばれる施設へ向かう。そこで“エンシェント・ワン”と出会い魔法使いの弟子入りを果たす。

Doctor Strange(Stephen Strange)

ベネディクト・カンバーバッチ
生年月日1976年7月19日
出身地イギリス/ロンドン

日本ではTVシリーズ『SHERLOCK(シャーロック)』で広く知られることとなり、スピルバーグ監督作「戦火の馬」や「ホビット」シリーズといった大作、話題作に次々とキャスティングされる。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では悪役をそれぞれ好演し、実在の天才数学者を熱演した『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』ではかねてから備えていたその実力が賞レースでの高評価により認められ、アカデミー賞主演男優賞にも初ノミネートされた。

次代を担う国際的な英国俳優として最も有望視されている一人となり、今後も期待作が続々と控えている。

Karl Mordo

Karl Mordo

エンシェント・ワンを強く信頼している弟子の一人で、カマー・タージを訪れたスティーヴンのお目付け役。

自然の調和を保つ役目を持つ魔術師であることに誇りを持っており、生真面目である分、融通が利かない一面もある。

Karl Mordo

キウェテル・イジョフォー
生年月日1974年7月10日
出身地イギリス/ロンドン

1995年に演劇『オセロ』でオセロ役を得て、注目される。
1997年にスティーヴン・スピルバーグの『アミスタッド』で映画デビューを果たす。

彼はロンドンの演劇界で重要な役者となり、ローレンス・オリヴィエ賞など数々の賞を受賞し映画への出演が増えた。

『オデッセイ』や『それでも夜は明ける』で抜群の演技力をみせた。

Christine Palmer

Christine Palmer

スティーヴンの同僚で、一時は恋人だったが、傲慢さに付いてけず、現在は同僚の関係に戻っている。事故後に自暴自棄になったスティーヴンを気に掛ける。

魔法使いになってからの人間的に変化の訪れたスティーヴンに再び惹かれ始める。

Christine Palmer

レイチェル・マクアダムス
生年月日1978年11月17日
出身地カナダ/オンタリオ州

『きみに読む物語』のヒロイン役を演じてブレイク!!
『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』など、数多くのラブコメでそのキュートな魅力で見るものを魅了している。

始めはあまり可愛いと思わなくても映画が終わる頃には彼女の虜になってしまう程その演技はチャーミング。

Wong

wong

エンシェント・ワンの蔵書室を管理するアジア系の男。常に仏頂面を崩さず、スティーヴンのジョークにも動じない。 その一方ウォークマンで音楽を聴くなど堅物ではない一面も覗かせる。

wongreal

ベネディクト・ウォン
出身地イギリス
生年月日1971年6月3日

『プロメテウス』、『キックアス』、マットデイモン主演の『オデッセイ』と名は知られていないが数多くの話題作で存在感を醸し出す中国系の俳優。

Ancient One

ancientone

カマー・タージの主で、『ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)』である年齢不詳の女性。
スティーヴンに魔術を教え導く。

原作では男として描かれているが、本作ではティルダ・スウィントン演じる女性。

ancientonereal

ティルダ・スウィントン
生年月日1960年11月5日
出身地イギリス/ロンドン

デレク・ジャーマン監督の『カラヴァッジオ』(1986)で映画デビュー。
以後、ジャーマン作品のミューズとして8作品に出演、『エドワードII』(1991)ではヴェネチア映画祭主演女優賞に輝いている。

キアヌ・リーヴス主演『コンスタンティン』(2005)では大天使役で鮮烈な印象を残している。

どこか地球人とは思えない神秘的な雰囲気を持つ女優。

Kaecilius

kaeciliuscomic

本作のヴィラン。かつてエンシェント・ワンの弟子の一人であったが、最愛の人を亡くして以来、永遠の命を求めるようになり、この世界とは異なる次元『ダーク・ディメンション』の“ある存在”に魅入られ、数人の部下と共に離反。

この世界をダーク・ディメンションに引きずり込もうと暗躍する。

ダーク・ディメンション由来の強力な魔術を使いこなす。

kaecilius

マッツ・ミケルセン
生年月日1965年11月22日
出身地デンマーク

2004年に『キング・アーサー』でハリウッドにも進出。
ジェームズ・ボンドシリーズの『007 カジノ・ロワイヤル』で悪役ル・シッフルに抜擢され、知名度を高めた。

テレビシリーズ版の『ハンニバル』でハンニバル・レクターを演じるなどその演技力に定評がある実力派。

Dormammu

Dormammu

原作では燃え盛る頭を持つ異次元のロボット。元々は、ファルティナと呼ばれるエネルギー集合体の一つだったが、実体を得てドーマムゥになった。

元々がエネルギー体である為、自らの質量を自由に変化させることが可能で、魔術に似た能力で爆発を引き起こしたり、時間移動することが可能。

高い戦略的知識を持っている、Dr.ストレンジにとって最も古い強敵の一人。

Dormammureal

まとめ

ドクターストレンジ

『MARVEL』ぽくない作品だがたしかに『MARVEL』といった作品。

ファンタジー色は強いものの、その美しい映像と洗練されたキャスト陣によって素晴らしい作品となっています。

アクションは苦手だけどディズニー作品は好き!そんな人には作品単体としてもおすすめしたい魔法の世界を感じさせてくれる映画

関連記事

”映画”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)