キッチン周りの時短術・ライフハック100選!目指せパーフェクト主婦!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年03月28日
  • ogawa
キッチン周りの時短技

主婦・主夫はいつだって家事や育児に追われているもの。そんな忙しい毎日を劇的に変えてくれるかもしれない時短技や豆知識などをまとめてみました。

ぜひご覧になってください。

キッチン周りの時短術・ライフハック100選

1.古くなった卵を見分ける方法

透明な容器に水を入れて、そっと卵を入れて、逆さまに立ったらその卵は古くなっている。新鮮な卵は横になって沈んでしまう。

2.肉・魚の解凍は氷水でやると失敗しない。

大きめのボウルに氷水を作り、そこにフリーザーバッグごと食材を放り込むだけ。

3.大根の皮を簡単に剥く方法

まず、手頃な大きさにカットされた大根の表面に、つまようじを当てる。そして、皮へ深めの切り込みを一直線に入れていく。 このときのポイントは、皮と実の境目に達するくらい切れ込みを入れること。あとは、切れ込みに親指をぐいっと押し込みながら、皮を身に沿ってはがしていくだけ。

4.温塩水解凍

塩を溶かしたぬるま湯に凍った魚を入れるという裏技。この方法で解答するだけで旨味が増す。

5.固まった砂糖をサラサラにする方法

霧吹きでシュッシュッと水をかけるとカチカチになった砂糖をサラサラにすることができる。 濡れた食パンと一緒に5時間ほど放置しても、パンの水分がお砂糖に移りサラサラに。

6.固まった塩をサラサラにする方法

フライパンで固まった塩を空炒りするとカチカチになった塩をサラサラにできる。

7.かたいお肉を柔らかくする方法

安く買ったかたいお肉もコーラに20分ほど漬け込むだけで柔らかくなる。あとは普段通り調理すればOK。コーラの味がうつる事もない。

8.固いビンの蓋を簡単に開ける方法

ゴム手袋をはめて蓋を回すとカチカチになった瓶も簡単に開く。

9.レモンの断面を乾燥させない方法

レモンの切り口に砂糖を塗っておくと、レモンの乾燥を防げる。

10.手についた魚の生臭さを簡単に除去する方法

魚を調理て手についた生臭さはステンレスの水道の蛇口部分で手をこするだけで簡単に除去する事ができる。

11.揚げ物の油切りを簡単にする方法

牛乳パックとキッチンペーパーで油切りをすると、使い終ったらそのまま捨る事もできて楽チン。

12.手についた油汚れを瞬時に無くす方法

砂糖があればOK。油は炭素と水素と少しの酵素などで出来ていて、砂糖も炭素と水素と砂糖でできているということで、親和性があり、油を油で落とすのと近い関係に。砂糖が油を吸着、洗剤いらずでベタベタが解消される。

13.ピザ生地の簡単な作り方

薄力粉と強力粉1:1で混ぜてドライイーストを入れて30分したらあっという間に出来上がり。

14.米を簡単にふっくら炊く方法

お米をふっくら炊きあげたい場合は、料理酒と少量の塩を入れてやると◎

15.じゃがいもや人参を長持ちさせる方法

じゃがいもや人参は暗所で保存すると長持ちする。

16.かいわれ大根を無限に作る方法

かいわれ大根の根を残して水に漬けておくとまた生えてくる。

17.肉を柔らかくする方法

お肉を柔らかくするのに最も良いのは塩と玉ねぎとヨーグルト漬け。

18.美味しいカボチャの選び方

美味しくて甘いかぼちゃは皮が黒っぽく果肉が赤みを帯びているのを選ぶのがコツ。

19.イカの皮を簡単に剥く方法

イカの皮はヌルヌルして大変剥きにくいが、洗濯ネットを手にはめると簡単に剥ける。

20.イカ天ぷらを揚げる時のコツ

イカの表面に斜めにたくさん隠し包丁を入れると、油がはねず揚げやすい。

21.ゆで卵を簡単に剥く方法

コップに少し水を入れ、手でしっかり蓋をして小刻みに振り、水で流すときれいに剥ける。

22.手のニンニク臭を消す方法

石鹸を使ってゴシゴシ洗っても取れないニンニク臭はこすらず流水で流すだけで取れる。

23.大根おろしを長持ちさせる方法

大根おろしはすった瞬間がおいしさのピーク。時間経過と共にどんどんまずくなるので長期間保存するなら小分けして冷凍すると良い。

24.ロールキャベツを上手に作る方法

ロールキャベツはすぐ破けて作るのが難しいが、具材をキャベツ二枚で包むと破れず綺麗に仕上がる。

25.ダマのないカルボナーラを作る方法

熱したフライパンの上でソースとパスタを絡めず、別容器で絡めるとクリーミーでダマのないカルボナーラになる。

26.新聞紙で簡単に包丁を研ぐ方法

新聞の黒インクには研磨剤と似た炭素成分が入っていて、この細かな粒子が包丁の切れ味を良くする。新聞紙の上に、包丁を横向きにおく、水平を保ちながら、新聞紙の上で優しく刃先を行ったり来たりさせるだけで切れ味が蘇る。

27.皿の裏で簡単に包丁を研ぐ方法

お皿の裏面、高台と呼ばれる円に包丁の柄の部分をあて、角度を約30~45度に保ったまま包丁を手前に引く。これを4、5回繰り返すだけで切れ味が蘇る。

28.綺麗にケーキを切り分ける方法

お湯で包丁の両面を温めるだけ。熱でクリームがとけて断面にこびりつかず切断面が綺麗。

29.ゆで卵を一瞬でみじん切りにする方法

オクラなどが入っていたネットにゆで卵を入れて押し出すと、みじん切りが一瞬で出来る。

30.簡単に蒸し野菜を作る方法

電子レンジ対応のボールに、3cmぐらいの均等な大きさに刻んだ野菜を入れ、少量の水を加えラップで覆いチンするだけ。蒸気を逃がすためにラップに穴をあけておく事を忘れずに。

31.レモン汁などを絞りやすくする方法

柑橘類の汁を絞りやすくさせるには10秒間ぐらい電子レンジにかけるだけ。レモンやライムの汁をいつもより多く絞り出せる。

32.レモンの皮を使った電子レンジお掃除方法

レモンの皮を1分間チンするだけ。これでレンジ内にレモンの水分が回り、汚れが落ちやすくなる上レンジ内の臭いも取れてしまう。あとは皮をこすりつけて汚れを落とし最後は布で拭き取っちゃえばお掃除完了。

33.スーパーのお寿司を美味しくする裏技

スーパーで買ってきたパック寿司を500Wのレンジでで30秒程チンすると「本格的な寿司屋の味」になる。

34.豆乳ラテを簡単に作る方法

豆乳を30秒間振って、あとは500Wで30秒チン。あとはコーヒーに注ぐだけで本格的なふわふわソイラテの出来上がり。

35.カリカリベーコンを簡単に作る方法

ベーコンにキッチンペーパーをかぶせ、500Wで1分チンするだけで簡単クリスピーベーコンの完成。

36.ニンニクの皮が一瞬で剥ける方法

角を落としたニンニクを500Wで1分間温めるだけで、皮が簡単に一瞬で剥ける。

37.薄焼き卵を簡単に作る方法

溶いた卵をラップと油を敷いた皿に薄く流し、500Wで2分チンする。焦げのない失敗知らずの薄焼き玉子が完成。

38.レンジで簡単ポップコーン

ポップコーン豆30gを袋に入れて600Wで3分チンすると簡単にポップコーンができる。お好みでバターと塩をかければ完成。

39.電子レンジで簡単ゆで卵

卵をアルミホイルで包み、水の入った容器に入れフワッとラップをかける。あとは500Wで15分間チンするだけでゆで卵ができる。

40.電子レンジで簡単温泉卵

コップにラップをかぶせ少しへこませる。へこませた部分に水を少々、卵を割り入れ500Wで50秒チンすると温泉卵の完成。

41.野菜は茹でるよりチン

野菜は茹でるよりレンジでチンしたほうが栄養も逃げず、より早く柔らかくなる。※人参、かぼちゃ、じゃがいも類は特に。

42.余った豆腐を長持ちさせる方法

豆腐は菌が繁殖する事で腐る。1~2レンチンして水分を飛ばしてから保存すると持ちが良くなる。

43.あたため容器の選び方

「角型」ではなく「丸型」を選ぶ。マイクロ波は角に集中する特性があるため、効率よく加熱をするなら「丸型」

44.野菜の温め方

野菜のうす切り・輪切りはNG! 「乱切り」で!
マイクロ波は、庫内上部から出て、野菜の角やとがった部分に集中する特性が。 とがった部分の多い「乱切り」にすることで、加熱効率を高めることができる。 大根、ニンジンのような根菜類は輪切りやうす切りにしないよう気をつける。

45.野菜の加熱方法2

野菜に塩をふって加熱するのはNG。青菜をゆでる際に入れるのが、「塩」。マイクロ波は塩分に集中しやすいため、加熱ムラが発生してしまう。
ほうれん草などの葉っぱものを加熱する際は、塩分ナシと覚える。これはオイルも同様。こだわってオリーブオイルなどをたらすのも厳禁。

46.パンの耳はラスクになる。

サンドイッチとかでパンの耳が余ったら、白い面(パンから切り落とした側)が上になるように天板に並べて砂糖をふりかけ、オーブン(150度)で25分焼くだけで焼きたてスイーツの出来上がり。

47.カップヌードルで簡単茶碗蒸し

カップヌードルの余ったダシ汁と卵を入れて電子レンジで1分半で茶碗蒸しになる。

48.冷めたピザを美味しく温め直す方法

レンジではなくフライパンで冷めたピザを温めなおすと、ピザから出る油が元のクリスピーな状態を取り戻してくれる。

49.特売牛肉を和牛並みに美味しくする方法

香りの元となるラクトン類という成分は100℃以上で加熱すると変質してしまうため、80℃〜90℃で加熱すると特売牛肉がブランド牛並みに美味しくなる。

50.和風の炒め物は「だしの素」で作るといい

だしの素をパラパラとかけるだけで定番調味料の醤油の量も減るうえに、だしの旨味が効いて味も豊かになる。

51.フッ素樹脂加工のフライパンの取り扱い方

フライパンを長持ちさせる方法

  • 空焚きしない
  • 傷がつくような道具で調理しない
  • 調理を終えたらすぐ洗う
  • 急激に温度変化させない(急冷など)
  • たわし、クレンザーは傷がつくので使わない
  • 洗ったら必ず布巾で水を拭き取る

52.フッ素加工のフライパンの洗い方

温度の変化に弱いという性質があるため、使用したあとに急に冷やすのは避ける。
最初に新聞紙かキッチンペーパーで熱が冷めない内にふき取る。
フライパンの熱が冷めたら、お湯につける。
「洗剤はつけずに」スポンジのやわらかい面を使い、クルクルと円を描くように優しく洗う。
お湯でよく洗い流してから、自然乾燥させれば完了。

53.ステーキを柔らかく焼く方法

ステーキは片栗粉を付けると肉汁が漏れず柔らかく焼ける。

54.冷凍ポテトをマクドナルド風にする方法

冷凍ポテトはラードで揚げるとマックの味になる。

55.半熟卵の簡単な作り方

半熟卵が簡単に作れる。沸騰直前のお湯に卵をゆっくり入れる。沸騰したら塩をひとつまみとサラダ油を大さじ1入れる。そこから5分茹で続ける。5分経ったらすぐに冷水につければ完成。

56.吹きこぼしの防ぎ方

吹きこぼしを防ぐ。箸を一膳鍋の蓋みたいに置いておくと吹きこぼれない。

57.温泉卵の簡単な作り方

4個分。片栗粉大さじ1を水お玉1杯分に溶かす。沸騰した水に水溶き片栗粉を入れ、卵4個を入れる。蓋をして15分で完成。

58.ジャガイモの皮をつるりと剥く方法

ジャガイモの真ん中に一周、深さ1mmほどの切り込みを入れる。それを茹でで火を通したら、氷水に10ほど浸けます。あとは皮を両側に引っ張るだけ。

59.リンゴとバナナをより美味しくする方法

リンゴを121℃で30分加熱すると抗酸化力が9倍になり、バナナも加熱によって細胞壁が破壊されると、抗酸化成分の吸収率がアップするのだそうです。
果物は加熱すると甘みが増すので、美味しさも増して一石二鳥です。

60.冷蔵解凍が長いと感じる時、肉の簡単な解凍方法

アルミ鍋を2つとラップでお肉が早くうまみ成分が逃げずに解凍できる。裏返したアルミ鍋にラップをひき、その上に肉を乗せる。ラップで肉を包み、水を入れたもう一つのアルミ鍋をその上に乗せる。
厚さ1㎝程の肉なら5分くらいで解凍できる。

61.調味料の馴染ませ方

調味料は甘いもの、砂糖、塩から、というように味の強いものは最後にいれると馴染む。

62.乾麺の調理方法

乾麺は、1時間ほど水につけておくと生麺のようにもっちりした食感になる。だがつけすぎるとブヨブヨになるので注意。

63.パスタの超時短法

パスタを二時間水につけると、パスタのゆで時間は一分でもOK。

64.鍋をよりおいしくする方法

お鍋に具材を全部同時に入れるのは間違い。だしのしみ出る具材から先に入れるのが正しい。理由は具材の一番おいしいタイミングはそれぞれ違う。

65.アサリを簡単に砂出しする方法

アサリは50℃のお湯で砂出しすると簡単で早い。50℃のお湯を作るには、沸騰したお湯と同量の水を混ぜれば出来る。

66.15分で飲み物をキンキンに冷やす裏技

濡れたキッチンペーパーを瓶の飲み物に巻いて15分間冷凍庫に突っ込んだらキンキン!

67.キノコ類の旨味をあげる方法

キノコ類は冷凍すると旨み成分が増える

68.生卵の美味しい食べ方

生卵は冷凍すると病みつきになるほど美味しい。自然解凍すると、白身はさらさらに戻るのに黄身はねっとり濃厚な味わいになる。

69.青じその保存方法

まずは葉の柄の部分をハサミなどを使って水のなかでカットする。あとは柄の部分だけが「水に浸かるように」コップなどの容器に入れ、ラップなどで密閉して冷蔵庫に入れるだけ。
すぐにダメになる野菜代表といっても過言ではない青じそが、1ヶ月も保存できる。

70.野菜の栄養を効率的に取る方法

ブロッコリーにニンジン、ブルーベリーなどをはじめ野菜の中の3分の2が冷凍すると栄養価がアップする。

71.豚肉の保存方法

ラップなどで空気が入らないようにきちんと包んで冷凍するともちがいい。
もつ期間は2週間~1か月。

72.肉の美味しい召し上がり方

一度解凍した肉は鮮度が落ちるため、再び冷凍すると更に味が劣化するため二度目の冷凍は避ける。

73.肉の美味しい召し上がり方2

冷蔵解凍。冷凍庫から冷蔵庫へ肉を移し、ゆっくりと解凍をすると肉の旨味を残すことができる。美味しさはNo1!

74.肉の美味しい召し上がり方3

冷蔵解凍より早く解凍したい場合は流水解凍、電子レンジを使う。
流水解凍:ジップつきバッグに入れた冷凍肉をボウルに入れ、少しずつ流水を流します。
電子レンジ:時間のない時に便利な方法。いずれの形状であってもラップをはずし、キッチンペーパーを敷いた皿に乗せてレンジへ入れます。
150ワットで1分ほど加熱し、足りないようであれば更に1分加熱して様子をみてみる。

75.冷凍松茸の調理法

スライスして冷凍した椎茸は、そのまま味噌汁などに入れると手早く調理ができる。

76.長ネギの保存方法

長ネギなどの香味野菜は、刻んでタッパーに入れて冷凍しておくと、そのまま調理に使える。

77.缶詰のコーンの効率的な保存方法

コーンなど少量しか使わないものは、製氷機に入れてブロック状態で冷凍しておくと使い残しがなくなる。

78.キャベツの冷凍方法

キャベツは冷凍すると繊維感が目立つため、食感が気にならないよう細かく刻んだ状態や、ミネストローネ等に調理してから冷凍してみるといい。

79.玉ねぎの冷凍方法

玉ねぎは刻んで保存用パックなどにストックしておいてもいいし、ソテーしたものを一度にたくさん作っておき、一回使い切りの量で冷凍しておくと、ハンバーグを作るときなどに便利。

80.トマトの冷凍方法

トマトは加熱してソースの状態にするのが良い。煮込み料理など加熱調理前提であれば、湯剥きして、サイコロ状にカットして、冷凍しておいてもマル。

81.アスパラの冷凍方法

アスパラはそのまま茹でてカットした状態で冷凍しても良いが、さらにベーコンを巻いた状態で冷凍しておけば、お弁当のおかずやおつまみなどに便利。

82.さつまいもの冷凍方法

さつまいもは丸ごと冷凍すると筋っぽくなってしまう。冷凍に向いているのは、加熱して皮をむいた後にすり潰した状態。
また、焼き芋にして、一度水分が抜けた状態にしておくと冷凍に適した状態になる。

83.大根の冷凍方法

大根は繊維質で水分も多い野菜だが、すりおろすと食感が目立たなくなるため、ある程度水分を絞った状態にして、一回使い切りの量で冷凍すると良い。

84.人参の冷凍方法

人参は冷凍すると大根より筋っぽくなるので、3〜5mm角程度のブロック状や千切りにするなどして、食感が気にならない形にしてから冷凍すると良い。

85.きのこ類の保存方法

きのこは、しめじや、シイタケなど複数のきのこをカットしてミックスしたものを冷凍しておくと、そのまま炒め物などの料理に使える。

86.冷凍した野菜の手間がかからない調理法

冷凍した野菜は使う時に解凍する必要がありますが、レンジや流水で解凍する以外に、「凍ったまま使う」という方法がいい。

87.解凍の手間がいらない調理法

「味つけ冷凍」と呼ばれるワザがある。保存袋に肉や魚と調味料を入れ、下味をつけて冷凍し、凍ったまま調理に使う『味つけ冷凍』。

88.肉類の保存方法

肉類は買ったらすぐにお酒と塩につけて冷凍すると旨味が増し、長持ちする。

89.もやしの保存方法

もやしは傷みやすいのでその日のうちに食べない場合は冷凍するといい。

90.アイスクリームの消費期限を無にする方法

アイスクリームの消費期限がないのは-18℃以下での話。-18℃以下にならない冷凍庫もあるので注意が必要。

91.パンの保存方法

パンは常温より、冷蔵庫に入れたほうが早く劣化する。保存したいなら冷凍庫に入れる。解凍には30秒チンした後オーブンを使うとよい。

92.牛乳の保存方法

牛乳は冷蔵庫の臭いがつきやすいので、ビニール袋とゴムで密閉するとよい。

93.冷蔵庫の節電方法

冷蔵庫はすっからかん、冷凍庫はぎっしりが効率よく節電できる。

94.ご飯の保存方法

  1. 多めにご飯を炊いて、熱いうちに茶碗一杯分ずつラップに包んでおく。
  2. ご飯が冷めたら、密閉容器などに入れて、冷凍室に保存しておく。
  3. 解凍するときは、電子レンジで解凍モードなどを使わずにそのまま温める。

ご飯は「小分け保存」が賢くて楽!

95.アサリの美味しい保存方法

アサリはタッパーに水とアサリを入れて凍らせるとおいしくなる。解凍は凍ったまま、凍ってる水も一緒に加熱。

96.飴色タマネギの作り方

タマネギは冷凍すれば五分で飴色になる。

97.トマトの皮を上手に剥く方法

トマトは冷凍すると簡単に皮がむける。

98.シジミの健康的な摂取方法

シジミは冷凍すると、ストレスを軽減する作用のあるオルニチンが8倍。

99.エノキの美味しくなる保存方法

エノキは冷凍したらおいしくなる。一番上に置くのがポイント。解凍は新聞紙に包んで冷蔵庫に。

100.家庭用冷蔵庫でのマグロの保存方法

マグロの家庭用の冷蔵庫ではマグロの冷凍はNG。冷蔵庫で保存して、色の変色があるので、変色が気にならないマグロの漬けにすべし。

関連記事

”ライフハック”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)