買うなら絶対このブランド!最強ダウン3選!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年09月22日
  • Shuuu
zanter_ダウンジャケット

元々はただの防寒着であったダウン、しかし現在ではファッションアイテムとして確固たる地位を手に入れつつある。 そんなダウンにも格というものが存在する。
デザイン、防寒性、素材の品質と強度、価格、ブランドなど、そういった色々な要素が相まって高品質でお金を出すに値するかが決まる。
では、どのブランドのダウンを買えば良いのか、今回は間違いのない最高のダウンをご紹介します。
価格が高ければ良い物という選び方ではなく、数多く存在するブランドのダウンを何十着と着てきたからこそ、本当におすすめできるものをピックアップしてみました。

最強ダウン3選

ファッション関係の仕事に15年以上関わってきて、本当に着る服というものがわかってきた今日この頃、失敗のないダウン選びをお教えします。

アウトドア界のオシャレ番長NORTH FACE

northface

ダウンと一口にいってもアウターダウンかインナーダウンを購入するかも大きな選択といえる。その点ノースフェイスならとにかく品数も豊富で価格帯も幅が広い。そのためお気に入りの一着を手に入れる事ができる可能性が極めて高い。
また、老舗ながらも常に躍進をやめないブランドだからこそ、古き良き時代と同じ素材だったり、逆に最先端の素材を使用したものまで生産している。
最先端のものだと機能性素材を使い自宅での洗濯も可能と、とにかく利点が多い。
超大手ブランドだからこそセール価格で欲しかったものが購入できるチャンスが広がっているのも魅力的だ。

大人気セレクトショップとのコラボもしており、そのデザイン性はたしかなものである。
難点としてはブランドロゴがどうしても目立ってしまうという事だ。アウトドアな雰囲気がどうしても出てしまうのでアウトドアなスタイルを好まない人にはこのブランドロゴがもろに見えてしまうというのはいささか問題といえるだろう。

南極大陸に耐える最強の防寒性ZANTER

zanter_木村拓哉

あまり耳にした事がないブランドかもしれないがその品質と防寒性は絶対的であり、
劇中で木村拓哉が着ていた事でも一躍有名となった。
関東地方の人には少々オーバースペックといえる程防寒性は郡を抜いている。
価格も10万近く、高級品という分類になるがそれでも一生ものと考えればこのブランドのダウン一枚あれば申し分ないだろう。
ブランドの主張も無駄を省いたデザインなので気にならず、長く愛用するにはもってこいである。
とにかく最強のスペックを求めるならZANTER以外の選択肢は無いだろうと断言できる。

MONCLERなどの超有名ダウンもたしかに良いが、価格の高さとブランドの高すぎる知名度は少々照れくさい、はっきり言って着るには少しオシャレが過ぎてしまうという欠点がある。

1951年に国内で初めてのダウンウェアが作られた。そして何を隠そうザンターこそがそのブランドなのである。
知名度があまり高くない、だがその品質とブランドとしての魅力は間違いなくある。そんな玄人好みのダウンウェア、ZANTERを持たずしてダウンは語れません。

南極観測隊にダウンウェアを提供し続けるZANTERの、本物と呼ぶにふさわしいダウンを是非お手に取ってみてください。

優秀すぎる万能性CRESCENT DOWN WORKS

crescentダウン

今でもアメリカのシアトルで生産されるメイドインUSAを守り続けるブランド。その質実剛健な作りは暖かさはもちろん、極めてシンプルだがファッション性の高いダウンとなっている。

中でもおすすめしたいのがクレセントのダウンベストです。至ってシンプルなダウンベストなので服装のジャンルを選ばず、着方次第でファッショナブルにもなりますし硬派な印象にもなります。もちろんアウトドアに使ってもオシャレに決まります。
そして袖を通してすぐに実感するダウンの暖かさ。これ一枚にパーカーで日本の11月ぐらいの気温なら結構余裕です。

ブランドの主張もなく、とにかく万能に使い回す事ができる絶対買いのアウターです。その証拠に色々なブランドともコラボしており、品質の高さは折り紙付き。
ダウンベストの購入に迷っている方、安いものを何着も買うならクレセント一枚を買えば間違いなく満足できます。私自身5着所持しており、一番古いもので7年になりますが今でも冬になるとバリバリ現役の一線級のアウターです。
メイドインUSAの無骨で男らしい、でもどこか可愛さのあるフォルムを是非堪能してみてください。

まとめ

ダウン3選いかがだったでしょう。とにかく本当におすすめのダウンをご紹介させていただきました。
どれも決して安いものではないので、初めて知ったという方も、もう既に上記のブランドの購入を考えていたけど購入に踏み切れていない人にも、ほんの少しの後押しとなれたら幸いです。

ザンター、クレセントに関しては型数も少なく、ブランドが自信を持って展開している商品なので、試着していただけたら間違いなく今まで味わった事のないダウンの素晴らしさを味わえるはずです。

関連記事

”ライフハック”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)