世界一高いボールペン・ステーショナリー10選!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年12月13日
  • Shuuu

赤ちゃんのお絵かきから学生の勉強道具、社会人のビジネスツール、そしておじいちゃんおばあちゃんの写生に至るまで。
全年代を通して文字を書いたり絵を描くのに必須なボールペンなどのステーショナリー。

現代ではテクノロジーの進歩により様々な製品が生み出されてきました。
そんな日常とは切っても切り離せないステーショナリーや筆記用具にも数多くの種類があります。

そこで今回は日常から非日常まで、世界の様々な超高額な品10選を紹介したいと思います。

世界で最も高額な『ステーショナリー・筆記用具』10選!!

世界一高価な「万年筆」

世界一高価な「万年筆」

Fulgor Nocturnus
値段:$800,000/約9億円

パソコンの普及により筆記用具の需要は年々低下傾向にありますが、今だに素晴らしい万年筆に価値を見出す人が数多く存在しています。

こちらの万年筆は中国のオークションで約9億円もの値がつきました。
職人の手で丁寧に創られたペン先はもちろんですが、945個のブラックダイヤに123個のルビーで装飾された絢爛豪華で美しい万年筆が現在「史上最高額のペン」となっております。

世界一高価な「ボールペン」

世界一高いボールペン

Montblanc Mystery Masterpiece
値段:$730,000/約8,100万円

世界的高級ブランド「モンブラン」のボールペンはルビー、サファイア、エメラルドの3種類から選ぶ事ができ、800個にも及ぶダイヤで装飾された世界一値段の高いボールペンです。

職人の手によって1年以上の歳月をかけて作り出されたボールペンは最早アートと呼ぶに相応しい

世界一高価な「鉛筆」

世界一高価な「鉛筆」

Graf von Faber-Castell Perfect Pencil
値段:$12,800/約143万円

画像の通りほぼ何の変哲もない普通の鉛筆。
万年筆やボールペンのように、宝石でその値段が跳ね上がるのは理解できますがこの鉛筆はなぜこれほどに高額なのでしょう。

樹齢240年のオリーブの木から削り出された本体に、ホワイトゴールドで作られた消しゴムと鉛筆削り器が収納されたキャップが付属します。
そしてこのこれ程の金額ですからもちろん宝石も、さりげなく3つのダイヤがあしらわれております。

世界一高価な「コンピューター」

世界一高価な「コンピューター」

Quantum Computer
値段:$15,000,000/約16億円

テクノロジーの世界を震撼させたニュースが世界中を駆け回りました。
NASAとGoogleが共同開発すると発表された世界一値段の高いパソコンはなんと約16億円!!

現存するパソコンの実に3,600倍の処理速度を持つ事が予想されている。
スペック、金額共に世界一のパソコンになる事はまず間違い無いであろう。

世界一高価な「キーボード」

世界一高価な「キーボード」

Happy Hacking Keyboard Professional HP Japan
値段:$4,240/約47万円

超ハイスペックなパソコンを購入したらやはりキーボードにもお金をかけたいですよね!
メイドインジャパンの超高額キーボードはいかがでしょう!

研究しつくされた使用感の素晴らしさはもちろんの事、こちらの製品は世界最高水準のコーティング技術である「輪島塗の技法」を用いて漆塗を施されているそうです!!
50万のキーボードで仕事をしていたら話題になる事間違いなし!新しいパソコンの購入を検討する前にパソコンの値段を軽く凌駕するこんなキーボードを検討してみてはどうでしょうか。

世界一高価な「タイプライター」

世界一高価な「タイプライター」

Lettera 32 Olivetti manual machine
値段:$254,500/約2860万円

年々下降傾向にあるなんてレベルではなく、最早骨董品と化したタイプライター。
スマホを使いこなす現代のティーンエイジャー達は目にした事もないのではないだろうか。

しかしそんな下火となってしまったタイプライターを今尚こよなく愛するコレクター達が存在します。
作家のMcCarthyが使用していたタイプライターにオークションで3,000万弱の値が付きました!
超高額となったこの一品ですが、元は1963年に50ドル(約5,500円)で購入したものらしく、天国で彼も驚愕している事でしょう。

世界一高価な「液体」

プリンターインク

Printer ink
値段:1ℓ$5,544/1ℓ約63万円

あれ、ステーショナリー・筆記用具のランキングじゃなかったの?と思われた方も多いと思いますが、世界一値段の高い液体は常日頃オフィスや学校で利用しているプリンターインクであった事をご存知でしょうか。

1リットル換算するとわかりやすいのですが実は60万円近くします!
これは人間の血液や、万能薬とまで言われたペニシリンよりも高額なのです!!

世界一高価な「タブレット」

世界最古のタブレット

Sumerian cuneiform tablet
値段:$10,500/約118万円

文字を書いたり絵を描いたりするのに用いられた世界最古のタブレットはなんと100万円超え!
骨董品としての価値が高く、ネットでも販売されているものも数多くありますが、ほとんどは偽物との事。

現代での用途は不明ですが、コレクション感覚で最古のタブレットを手にしてみてはいかがでしょう。

世界一高価な「最新タブレット」

マイクロソフトサーフェスプロ

Microsoft’s Surface Pro
値段:$899/約10万円

最古のタブレットを紹介したのならもちろん最先端も!
という事で、世界一と名高いマイクロソフトのサーフェスをご紹介!

デスクトップやノートパソコンを超える勢いのタブレットPCの中でもスペック、価格共に最高と言われているのがこのガジェットです。
ちなみにインドのDataWindという会社が製造している世界最安のタブレットは約2,200円で購入できるとの事なので、タブレットの購入を検討中の方は最安と最高を是非チェックしてみてください。

世界一高価な「ノート」

レオナルド・ダ・ヴィンチのノート

Leonardo da Vinci’s notebook
値段:$30,800,000/約34億5000万円

最後に紹介させていただくのはラストに相応しい、30億円超えのスーパー高価なノートです。
落書きがたくさん書かれたボロいノートにしかみえませんが、現実に買った人がいるのです。

誰もが一度は耳にした事があるでしょう、マイクロソフト社CEOビル・ゲイツさんです!!
彼は1994年、実際にこのノートを約34億5000万円で購入!!

ではなぜこのボロいノートにそれほどの価値がついたのかと言いますと、またまたビッグネーム!
レオナルド・ダ・ヴィンチ!!が使用していたからです!!

今尚語り継がれるレオナルド・ダ・ヴィンチが残したノートならばあながち理解できなくもありません。
秘密結社フリーメイソンの会員であったと噂される彼の残したノートには、世界を揺るがすような秘密が眠っているでしょうか。

色々な都市伝説の答えが記されている可能性のあるロマン溢れる一品!!

関連記事

”ガジェット”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)