デニムの聖地岡山!歴史やおすすめショップなど情報多数!!「岡山県倉敷市児島」

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年12月12日
  • Shuuu
デニムの聖地岡山県

労働者の洋服というイメージが強かったジーンズやGジャンやオーバーオールも現代ではすっかりオシャレな洋服として確固たる地位を築いた。
今ではジーンズでも数万円するものは当たり前で、オシャレを楽しむ人にはそんなこだわりのジーンズが必要不可欠となっている。そんなデニム、ジーンズ業界でも世界的に注目され、多くの海外スーパーブランドが生産を依頼するのが岡山県児島のデニムメーカーである。

品質や技術の高さはもちろん、ファッション業界での知名度や評判の良さも素晴らしく、メディアで取り上げられる事もしばしば!
そんな児島にあるDANIA JAPANの製品が日テレ系人気番組「天才!志村どうぶつ園」で取り上げられ、赤ちゃんチンパンジーのプリンちゃんにオーバーオールがプレゼントされました!今回はなぜ岡山がデニムの産地としてこれほどまでに有名なのか、その歴史や、プリンちゃんのオーバーオールを手がけたダニアジャパンを含む人気のジーンズブランド5選など、岡山産のジーンズに関する情報盛りだくさんで行きたいと思います。

世界が注目するメイドイン岡山の歴史!!

岡山デニム

岡山/児島、この地域はかつて瀬戸内海に浮かぶ小さな島でした。
江戸時代に開拓され本土と地続きとなりましたが、塩気が多い風土という事もあり米作りはできず、代わりに塩気に強い綿花の栽培が盛んになりました。
やがて綿から糸を紡ぎ撚糸業が興り、真田紐や小倉帯などの木綿製品もまた売れるようになりました。
岡山のデニムの全てはここから始まったのです!!

明治に入り盛んになる岡山の紡績業

明治時代に入り1880年には民間初の紡績所が設立されました。繊維から糸を紡ぐ産業である紡績業が盛り上がりを見せ始め、1919年には「足袋の生産量日本一」その後「畳縁や学生服の製造でも日本一の生産量」を誇るようになりました。

それによって繊維に関連する多くの業種が児島に集まり、染色業、撚糸業、織物業、ミシン業者からボタン製造業者などなど様々な会社が軒を列ねるようになりました。

役所広司主演のドラマ『陸王』のこはぜやのように足袋や学生服の製造で培った裁断、縫製技術を応用し、1964年の東京オリンピックを契機に新たなる試みであったジーンズの生産へと移り変わっていったのです!!

最初の一歩、そして聖地と呼ばれるまで

1960年代の日本にはまだデニム生地を織れる専用の織り機などはもちろんなく、1965年にマルオ被服(後のビッグジョン)が、アメリカの中古ジーンズを販売していた大石貿易と取引のあったキャントンミルズ社のデニム生地を買い、国内で初めて生産されたジーンズが「キャントン」である。

1973年に倉敷紡績が初の国産デニム生地を開発、純国産ジーンズがようやく日本全国へと羽ばたく時がきました!!

現在でも児島地区には200社以上の関連業者が存在しています。高い技術と歴史を誇り、世界でも類を見ないジーンズ産業集積地であり、国産ジーンズの実に40%以上のシェアを誇る児島はまさにジーンズのユートピア(理想郷)!!

世界が熱望する児島ジーンズ

アルマーニやディオールなどの世界的スーパーブランドや多くの人気ブランドが愛する児島のジーンズ。以外と知られていませんが、海外の一流ブランドや人気ブランドのジーンズを購入して生産国を見ると“MADE IN JAPAN!!!”と書かれている事が実はよくあるんです!!
そしてそんな一流ブランドにメイドインジャパンと記載されていたらそれは“MADE IN KOJIMA!!”と同義です。これはブランドのジーンズであれば100%と言っても過言ではありません!

職人による高い縫製技術、美しい染色技術、そして世界のブランドが一番驚愕するのが圧倒的なまでの加工技術です。
デニムにおける加工とはエイジングを指します。まるで何年も履き続けたような汚れ、破れ(クラッシュ)などを再現する技術が世界でもNo.1言われています。

MADE IN OKAYAMAの人気ブランド5選

1.桃太郎ジーンズ

桃太郎ジーンズ

岡山のジーンズを一躍有名にしたのがこのブランドではないでしょうか。
純国産にこだわり、岡山デニムの魅力を余す事なく味わう事ができる桃太郎ジーンズは複数のレーベルから成り立っています。

世界最特濃インディゴのデニム生地に白い二本線がアイキャッチとなる名作『出陣』、オールドブルーのデニム生地に黄色いステッチが映える定番『銅丹』、未防縮の最特濃デニム生地を使用した本格仕様の『VINTAGE』の各レーベルに、メンズとペア仕様になる『レディス』と落ち着いた装いの『BLUED GARMENTS』、各種トップスやワークパンツ、キッズジーンズから帽子、バッグ、洗剤などの雑貨小物に至るまで、幅広く取り揃えている超人気ブランド!

桃太郎JEANS 児島味野本店
住所:   岡山県倉敷市児島味野 1-12-17
電話番号: 086-472-1301
営業時間: 10:00~19:00
店休日:  年中無休(※年末年始除く)
駐車場:  専用駐車場あり

公式サイトwww.momotarojeans.com

2.JAPAN BLUE JEANS

JAPAN BLUE JEANS

岡山デニムのブランドですが、まず海外で認められてその後日本でも正式にブランドとして販売されるようになったような印象を受けます。

同じく倉敷市にある超人気ブランドである桃太郎ジーンズが古き良きデニムを今の世の中に昇華していく道を突き進むのに対し、ジャパンブルーはどこか都会的で洗練された雰囲気のジーンズを得意とするブランド。バックポケットのステッチがとても印象的で、カラーバリエーションも豊富!シルエットも他社に比べ股上浅めで現代的。ストールやデニム生地のネクタイなど小物も充実していてとにかく可愛い!海外人気もかなり高く、男性だけでなく女性にも超おすすめのジャパンブルー!!

JAPAN BLUE JEANS 児島店
住所:   岡山県倉敷市児島味野 1-14-10
電話番号: 086-486-2004
営業時間: 10:00~19:00
店休日:  年中無休(※年末年始除く)
駐車場:  専用駐車場あり

公式サイトhttps://www.japanbluejeans.com

3.BIG JOHN(旧マルオ被服)

BIG JOHN(旧マルオ被服

岡山のデニムメーカーを紹介するならこのブランドを取り上げないわけにはいきません。1965年に日本発の国内生産ジーンズを生み出してから50年以上、ジーンズ業界の前線を走り続ける歴史的ブランド「ビッグジョン」!!

創業者である尾崎小太郎が1940年に縫製業を始め、1958年にジーンズの輸入・受託生産を開始、77年目となるいまなお愛されるジーンズブランドである。国産品質にこだわり、定番を生み出し続けると同時に、業界に先駆けて反応染料ジ-ンズ「TOWA」を発売するなど、デニム好きなら一本は所有しておきたい大定番!!
全国のアウトレットにも出店しており、安価で国産品質を楽しめる国産ジーンズのパイオニア!!

BIG JOHN 児島本店
住所:   岡山県倉敷市児島味野2-2-43 1階
電話番号: 086-473-1231
営業時間: 9:00~17:00
店休日:  年中無休(※年末年始除く)
駐車場:  専用駐車場あり

公式サイトhttp://www.bigjohn.co.jp

4.KAPITAL(キャピタル)

kapital

超人気ブランドであるハリウッドランチマーケット、45rpm、ヒステリックグラマー等の製品製造を請け負っていた。 現在では唯一無二とも言えるオリジナリティー溢れる製品が数多くあり、ファッション好きの間では知らぬものなしの人気ブランドである。

ジーンズだけでなく、コートやジャケット、小物や雑貨の人気も非常に高く、ジーンズブランドであると同時にアパレルブランドとしての地位も高い。製品に特殊な加工を施す事を得意としていて、クラッシュやペンキ加工はユニークでどこか温かみがある。また、独特なシルエットの「ピエロパンツ」「カメラパンツ」といった一般的なジーンズとは異なる製品の人気も高い。
全国のセレクトショップでの取り扱いも多いので是非一度KAPITALの世界観を自身の目で楽しんでいただきたい!!

KAPITAL 児島本店
住所:   岡山県倉敷市児島小川町3677-1
電話番号: 086-474-0539
営業時間: 11:00~20:00
店休日:  年中無休(※年末年始除く)
駐車場:  専用駐車場あり

公式サイトhttps://www.kapital.jp/e-store/

5.DANIA JAPAN

DANIA JAPAN

BEAMS、Ron Hermanといった国内外の超有名セレクトショップで取り扱われる玄人受け抜群のいぶし銀デニム!

ルイヴィトンが運営していた会員制のセレクトショップのデニムやマルタンマルジェラ、ディオール、トムフォードなどのデニムの生産を行なっている正真正銘のスーパーショップ!!
DANIAのデニムは数あるデニムブランドがコストの問題で使わなかった、高価で素晴らしすぎる素材などを使い、手間を惜しみなく注ぎ込んだで生産されます。
そして化学染料が多く使われる中、伝統的な藍染で色を出します。この日本でしか出す事が出来ないブルーの美しさが世界を虜にしました。
染め上げるのに手間が掛かる分、美しく、絶妙な味わいが生まれます。
ダニアでしか作ることの出来ない“Made in Japan”の実力をぜひ感じて見て下さい!!

DANIA JAPAN
住所:   岡山県倉敷市児島味野1-12-14
電話番号: 086-473-0050
営業時間: 9:00~18:00
店休日:  年中無休(※年末年始除く)
駐車場:  専用駐車場あり

公式サイトhttp://www.daniajapan.com

DANIA JAPANが天才!志村どうぶつ園で取り上げられた!!

天才!志村どうぶつ園

日テレ系人気番組『天才!志村どうぶつ園』で岡山県倉敷が誇るデニムショップDANIA JAPANが再度取り上げられました!!

二年前に志村園長が岡山を訪れた際にも紹介されたDANIAですが、今年12月2日放送回では志村園長がプリンちゃんへDANIA JAPANのオーバーオールをプレゼントしています!!
プリンちゃんにプレゼントされたオーバーオールの中央には赤く「P」の文字が!そして吊りカンはキュートなハートマーク!志村園長も満足そうに笑顔を見せていらっしゃいました!!

ふざけた商品も品質は本物!!

DANIA JAPAN

伝統技法を用いて『本物』を作り続ける職人気質なブランドであるにも関わらず、プリンちゃんのオーバーオールを始め、DANIA JAPANはそんな洗練された職人技を生産する全ての製品に落とし込みます!!

その代表的な例とも言えるのが巧みの技で織られ、染色されたデニム生地で制作されたバッグ、その名も「ジーンベイザメ」!!
完全に悪ふざけです。

以下 DANIA JAPAN公式HPより

ジーンベイザメ

と内容は大真面目!!

最後にはしっかりと「MADE IN 児島」の文字まで!最早ふざけているのか本気なのかわからなくなります!!

これ以外にも“GパンだTシャツ”なんて商品もありますが、こういった攻めの姿勢があるからこそ、ジーンズはその質実剛健な作りを維持できるのかなと考えてしまっている自分自身が怖いです。
多分本当にただの悪ふざけを大真面目にやっているだけでしょう!!

魅力いっぱいデニムの楽園!児島ジーンズストリート!

児島ジーンズストリート

藍染体験ができる工場を始め数多くの有名ジーンズショップが軒を連ねる『KOJIMA JEANS STREET』!!
37店舗が集結しており、デニム好きには正に夢のような空間!!

右を向こうが左を向こうがデニム!デニム!!デニム!!!!!
しかもどの店に入ろうと品質は折り紙付き!!

下手なアミューズメント施設やショッピングモールに行くよりよっぽど楽しめます!!
まだ行った事がない方は絶対いくべきです!!!

『児島ジーンズストリート』店舗一覧

1.JAPAN BLUE JEANS
(アパレル)

2.桃太郎ジーンズ
(アパレル)

3.DANIA JAPAN
(アパレル)

4.SAIO
(アパレル)

5.林檎堂
(アパレル)

6.Senio
(アパレル)

7.MuuSAN63
(アパレル)

8.EDGE OF LINE
(アパレル)

9.Denim Closet
(アパレル)

10.Z-JEANS
(アパレル)

11.HIGH ROCK
(アパレル)

12.Womb
(古道具店)

13.BLUXE
(アパレル)

14.BLUE WALL
(アパレル)

15.RIVETS
(コーヒー/アパレル)

16.BLUE TRICK
(アパレル)

17.カミカゼアタック
(アパレル)

18.PAZ ALAPAAP
(雑貨/アパレル)

19.倉敷天領デニム
(アパレル)

20.pure blue japan®
(アパレル)

21.WHOVAL STORE
(アパレル)

22.UNION BROS.
(アパレル)

23.VALIANT ELEPHANT
(アパレル)

24.commonplace
(アパレル)

25.JEANZOO
(アパレル)

26.児島ジーンズ
(アパレル)

27.わいわい家
(ラーメン店)

28.Klax-on
(アパレル)

29.kojima market place
(アパレル)

30.BLUE RECORD(S)
(アパレル)

31.NEIGHBOR COFFEE COMPANY
(コーヒーショップ)

32.seventh sense folklore
(シャツ専門店)

33.むつぼ庵
(甘味処)

34.PALLET SHOP
(アパレル)

35.Permanent Blue
(アパレル)

36.Urvin
(アパレル)

37.BIG JOHN
(アパレル)

まとめ

いかがだったでしょう!今回取り上げさせていただいた岡山県倉敷市のジーンズは本当に素晴らしいものばかりです! どのお店に行かれても必ず満足するレベルにものがあると思います!!

少し堅苦しい歴史等も記載させていただきましたが、やはり品質の高さは一朝一夕で成せるものではなく、過去から受け継がれてきた確かな技術あってこそと思うので是非読んでいただければと思います。

職人達が伝統的技法を用いて現代の製品を創り出す。
日頃無意識に履いているジーンズですが、その生産工程などを学ぶとまったく違うもののように感じる事ができます!!

家族やカップル、友人同士でお気に入りの一本を探しに行くと本当に楽しいので是非訪れてみてください!!!

ちなみに、ジーンズのお値段等の紹介をしませんでしたが、製品によってあまりに差が大きいという事と、なによりもお店の人や職人さん達のお話を聞いた上で、ご自身で値札をめくっていただきたいと思ったからです!!
岡山のデニムに関しては是非通販ではなく、始めの一本は実店舗で購入される事をお勧めします!!

関連記事

”ファッション・雑貨”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)