雪の妖精「シマエナガ」その可愛さに迫る!!ペットとしては飼えるのか!?

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2019年10月21日
  • Shusa
シマエナガ

皆さん、鳥と言うとどんな鳥を思い浮かべますか?

スズメにツバメ・・人それぞれだと思いますが、その中でも「シマエナガ」という鳥の可愛さが格段で、ご存知の方も多いかと思われます。

このシマエナガ、北海道では“雪の妖精”とも呼ばれ、その可愛らしさから、今ネットを中心に世間をざわつかせている人気急上昇中の鳥なんです!!

シマエナガを知っているあなたも知らないあなたも!これを読めばシマエナガの大ファンになる事間違いなしです!早速、その魅力・可愛さを紹介していきましょう!!

シマエナガってどんな鳥?

シマエナガ

シマエナガは日本に4亜種存在すると言われている、スズメ目エナガ科エナガ属の1種です。

体長は約14cm程で、主な生息地は北海道になります。その真っ白で雪だるまのような可愛らしい風貌から“雪の妖精”と呼ばれ、その姿を一目見るべく北海道以外から足を運ぶ人も後を絶ちません。

日本で2番目に小さい鳥で、長い尻尾が特徴的、その体長は尾を除くとライターよりも小さいと言われています。

体重も8g程!一円玉8枚分と考えると肩に乗せていても全く気付かないですね!本当に小さくて可愛い鳥です!!

シマエナガの名前の由来

シマエナガ

シマエナガを漢字で書くと「島柄長」となり、この「島」は北海道の事を指しています。

シマエナガ以外のその他の3亜種は本州の「エナガ」九州に生息する「キュウシュウエナガ」対馬や隠岐諸島に生息する「チョウセンエナガ」この3種になります。

シマエナガは北海道を象徴するような鳥なので、こういった名前が付いたのですね。

ちなみにシマエナガは英語名で「Long-tailed-Tit」と言います。「ロングテイルドテット」と読み、Tit(titmouse)はシジュウカラ科の鳥を指すので直訳すると長い尾をしたシジュウカラ科の鳥という意味になります。

夏と冬では見た目が変わる!?

シマエナガ

シマエナガの魅力は夏と冬とではその見た目が全く異なってくる、というところにもあるでしょう。

冬場の体は真っ白で、寒さに耐えられるように羽毛に空気を溜めるので、まん丸と雪だるまのような風貌になります。

これは雪が降っている周りの風景と同化し、天敵から身を守るいわゆる保護色の意味合いも兼ねています。

しかし気温の高い夏場は羽毛に空気を溜める事も不要になるので、ボディラインもシュッとスリムな感じになります。

色も茶色がかった感じになり、燕尾服を着たような姿になります。夏はなかなかお見かけする事が難しいですが、夏のシマエナガもレアで一度見て見る事をお勧めします!

冬よりも一層小さく感じるので、冬のまん丸とした姿とは印象が異なりますが、夏のシュッとしたシマエナガもまた違う可愛らしさがありますよ。

シマエナガの意外な!?性格

シマエナガはちょこちょことよく動き回る性格で、これはカラスやイタチ、ヘビなどの天敵から身を守る為とも言われています。

また可愛らしい一面からは想像しがたいですが、縄張りを広げる為に隣接する他の群れとしばしば対立する事があります。この対立は繁殖期に特に頻繁になるようです。

空中で飛びながら相手に体当たりしたり、飛びながら足蹴りしたりとあの可愛い一面からは想像できないような!?技で相手に向かっていきます。

可愛い可愛いシマエナガの意外な一面が垣間見られるエピソードです!

ペットとしては飼えるの?

可愛い!ペットとして飼いたい!!という方もいらっしゃると思いますが、シマエナガは野鳥のため、残念ながら法律で飼う事が禁止されています。

捕まえる事も法律違反にあたるので、そこは法律に従って、遠くからそっと見守ってあげるだけにしてあげて下さいね!

自然界で生きるものはやはり、自然の中でありのままの姿を見るのが一番です!

ペットにはできなくても、シマエナガ観察に行った際、運が良ければシマエナガの方から近寄って来てくれる、なんてラッキーな事もあるかもしれません!

どこに行けばシマエナガに会えるの?

北海道 雪景色

残念ながらペットにはできない・・と落ち込んでいるあなた!気を落としている場合ではありません!どこにいけばシマエナガの可愛らしい姿を見られるのか、ご紹介していきたいと思います。

シマエナガは日本では北海道を中心に生息する鳥ですが、北海道ならどこに行っても会えるというわけではありませんのでそこはご注意を!

特に1月から2月にかけて北海道内の様々な場所で目撃されるそうですが、お勧めのスポットは「円山公園」「旭山記念公園」「北海道神宮」「札幌市内の大通り公園」この4つです!

3月中旬以降、春になると目撃情報が激減するらしいので、シマエナガに会いたいあなたは、1月2月にこの4つのお勧めスポットに行ってみては如何でしょう!?

シマエナガのグッズもたくさん!!

大人気のシマエナガですので、グッズもたくさん販売されています。

ぬいぐるみやiphoneケース(スマホケース)、リュックや何とピアスまで!その品数は数え切れないくらいです。

ヴィレッジヴァンガード・オンラインストアなどの通販で主に買えるようですので、ぜひともチェックを!!

筆者も一度店頭でシマエナガのトートバッグを見かけ、その可愛さに一目惚れして即買いした経験があります。ずーっとお気に入りのバックです!!

シマエナガの写真集も!

シマエナガ 写真集

その可愛らしさから、たくさんの写真集や本も出版されているシマエナガ。

色々な本の中でも特にお勧めなのは、動物写真家・小原玲さんの「シマエナガちゃん」という写真集です。

小原さんは90年代に赤ちゃんアザラシのブームの火付け役となった有名な動物写真家さんなんです!

そんな小原さんの撮ったシマエナガですから、永久保存版な写真集である事間違いなし!講談社から1,430円の価格で発売されています。

ツイッターでも大人気!!

とにかく可愛いシマエナガ。その人気はグッズや写真集だけでなく、ツイッターなどのSNSにまで進出しているのです!

「ぼく、シマエナガ。」というアカウントでは何と!フォロワー数151,688人と、その人気は不動のもの。

筆者も勿論、フォローさせてもらってます!毎日シマエナガのほっこり写真が見られると朝の通勤電車でもほんわかした気持ちになれるのです。あなたもぜひフォロワーに!!

LINEスタンプもあります!

シマエナガ ラインスタンプ

ツイッターだけでなく、LINEのスタンプにもなっているシマエナガ。その種類は何と242件!

スタンプはクリエイターさん個々のセンスが光っていてどのシマエナガもとっても可愛いんです!

友達や家族、はたまた恋人などへのLINEへシマエナガのスタンプを送れば文章に彩りを添える可愛らしさ間違いなし!ですね!!

シマエナガを彩ったカレーライスまで!!

今、猫カフェやドッグカフェ、はたまた爬虫類カフェなど様々な動物と戯れる事のできるカフェが至る所にありますよね。

その一つである、ことりカフェの「いんこKITCHEN」という移動式のことりカフェでは、バレンタインに1日限定でシマエナガのカレーを出していたとのことです。

カレーにまでなってしまうシマエナガの人気!こうなったらオムライスやパスタ、ラーメン(!?)なんて色々な料理にシマエナガを登場させてほしいものです!

まとめ

シマエナガの魅力、どれだけ今注目を浴びているかという事を紹介していきましたが如何でしたでしょうか!?

彗星の如く現れた鳥界のスター、シマエナガ。その人気はこれからも続いていく事でしょう。

その可愛らしさを見に、皆さんも北海道を訪れた際はぜひシマエナガを見られるスポットを訪れてみてください!!

筆者もまだ生でシマエナガを見た事がないので、北海道に行った際には絶対にこの目でシマエナガを見ようと思います!!

ただのブームで終わらず、シマエナガという鳥の人気がずっとずっと続く事を筆者は願ってやみません!

関連記事

”アニマル”の記事一覧(10件)

新着記事(5件)